つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

雑記

自宅用のデスクって高すぎてつかいにくくない? 高さ調整デスクも少ない!

2015/08/04

パソコンデスクを買い替えました

世の中に出回っている机の高さがどうしても合わなかったので、散々探した結果、高さの調節が出来るニトリのデスクにしました。
今回調べて始めて知ったんですが、机の高さって、規格で決まってるんですね。戦後から今まで色々と変遷はあるものの、70センチ以上の高さがスタンダードみたいです。
私はコレが納得いかない。

私の新調は158センチ、座高も並レベルだと思います。それでも70センチ以上の高さのデスクだと、ディスプレイを設置するとどうしても目線が高くなりすぎるんです。
長時間パソコンに向かう事が多いので、視線の位置は正面〜やや下向きがベストだと思います。首が疲れるほどではないですが、やや上だと目の疲れがグンと酷くなる。
さらに、椅子の高さも机に合わせるとどうしても足が背伸び状態か、足を置く台が必須に。座っていてもなんだか落ち着かなくないですか?

とにかく低めのデスクが欲しい、と探しましたが、前述した通り規格が決まっているため、70センチ以下のデスクはほとんどありませんでした。
というわけで方針変更です。

高さの調節できる机はないか

見つけたのがニトリのワークデスクです。
天板と足がバラ売りで、それぞれお好みで組み合わせ出来るタイプです。足の中に高さが調節できるタイプの物がありました。

組み立ての過程を見ると、少々強度が心配ですが、私の場合はパソコンと他の周辺機器が少しあるぐらいなので気にしない事にしました。さすがにこの程度の重量に耐えられないのは机としての存在価値にかかわります。

組み立てはすごく簡単でした。むしろ今まで使っていた机の解体のほうが時間がかかりました。
結局足の調節で高さは一番低くしまして、天板まで合わせて63センチです。椅子も一番低い状態になっています。それでようやく足がしっかり床にくっつきました。キーボードを打っていても違和感のない状態です。
iMacのディスプレイもちょうど視線の正面〜やや下ぐらいで目の負担も大分軽減されています。

正直すごく快適になっているので、もっとこういう調整できる机って浸透するといいのにな、と思います。子供用学習机なんかは、成長に合わせて〜っていう感じに高さを変えられるのがあるのに、大人向けのだけ規格一色ってのも変な気がしませんか? 大人こそ色んな体型の人がいるわけで、ある程度分類はできるでしょうが、男女でも10センチ以上身長がちがったりする事も少なくないわけですから、もう少し柔軟にできるようになっててもいいのでは、と思うんです。

そしてニトリはやっぱりお値段以上でした

 

-雑記