つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

読書について 雑記 電子書籍について

もう本を手放すかどうかを悩みたくない! KindleとiPadの併用で快適電子書籍ライフ

2015/09/19

電子書籍を選ぶ理由

自宅の本棚は今3つあります。
高さ180センチのこれが2つ、3段カラーボックスを横にして3つ重ねたお手製の巨大本棚が1つ。あとは腰ぐらいの高さの小本棚が2個です。正直、これ以上の本棚の増加は避けたい所です。部屋の広さ的に。
日本の住宅事情を考えると、電子書籍は非常に有効です。

実家にいた頃もあてがわれていた6畳部屋の限界に挑戦していました。
現在2DKのアパートに住んでいますが、一人暮らしにはなかなか贅沢なこの間取りでも本に関してはこれ以上棚を増やすとそれ以外の物の収納に影響が出ます。
本は好きですがそのために他を圧迫しすぎても嫌です。

これまでも何度も持っている本を選別してきました。残す本、処分する本、悩んで整理しています。もういいや、と処分した本の中には後から「やっぱり残しとけばよかったー!」と後悔した物も沢山あります。

さてそこで登場電子書籍!
持っていることを諦めなくてもいいんですよ! 最高です。
わたしは画面上に並ぶ本の表紙にニヤニヤがおさまりません。こうなると本を買う事にもためらいがなくなってきます。すぐに買えちゃうってのもまた相乗効果になってどんどんワンクリックでポチポチやってしまいます。
すばらしくもおそろしい……。

 

電子書籍を読むのに最適な端末ってなんだろう?

これは頻度とか、求める重要さとかで変わってくると思います。

まず、書籍をたくさん読むのであれば断然KindlepaperWhiteです。
一度使ってみればわかる、このストレスのなさ! 電子書籍という媒体に抵抗があるひとほど試してほしいです。

まずタブレット系ではよく言われる目の疲れはほとんど感じません。バックライトも調整できるので、自分の好みの明るさにも調整できます。
さらに画期的なのは画面の文字の大きさ、行間を調整できるんです。
例えば、目があまり良くないとか、年齢的な視力の低下などにはもってこいです。

そしてこの軽さですね。iPad Airと比較しましょう。
そしてわたしのiPad Air(ロジクールtype+付き)と比較もしてみましょう。

  • iPad Air:435g
  • Kindle Paperwhite:205g ※現在販売中のKindle Paperwhiteの重さです。
  • わたしのiPad Air:1174g ※iPad Air+Logicool TYPE+

とまぁ一目瞭然の軽さ!
仰向けで寝転んでの読書ではこの軽さが大事です。わたしは読書はいろんな体勢でゴロゴロしてるので、持ち運びやすさと軽さってかなり大きいんです。

さて、前にも書いていますが、Kindle Paperwhiteの唯一の欠点、容量です。
わたしが書籍に対してこちらをお勧めするのはこれが理由です。

漫画をガンガン読んで、クラウド保存されてるから端末からはどんどん消すよ?っていうタイプの方はもう完全にKindle Paperwhiteです。容量なんて関係ないですからね。本棚から取り出すように、そのつどダウンロードすればいいんです。

問題はわたしのような、画像を並べてニヤニヤしたいタイプ。いちいちダウンロードなんて面倒、というタイプ。

その場合は、決定的に容量が足りません。なにしろ4Gです。
わたくしはトータル58冊で「いっぱいです」のコメントが出てきました。書籍なら1000冊以上いけます。

 

ということで、わたしはiPadとの併用をお勧めしたい。

現在カラーで読みたいもの、漫画は完全にiPadです。このために127Gにしたんです。
活字に関しては全てKindle Paperwhiteです。この使い分けが最強ではと自画自賛しています。

iPadの大きさなら、横にして見開き表示にしても小さいと感じることはありません。
わたしはiPhone5を未だに使っていますが、さすがに読書端末としては小さすぎます。iPadを買うまではiPhone6plusを購入するか迷っていました。

が、やはり漫画は見開きで読みたい。そうするとそこそこの大きさの画面が必要なんです。Kindleはパソコンでも読めるんですが、漫画を読む端末、と考えると少々かさばります。

「読む」ということを最優先にすると、この2台持ちが最強ではと思います。

Kindle Paperwhiteを買ってから本を買う頻度も読書量も増えました。実はKindleを買う少し前まで、仕事が忙しくなったり、別趣味に夢中になっていたりして、読書量がすごく減っていたんです。
Kindleを買ってからまた読書の楽しさを再認識。電子書籍も紙の本も購入が増えています。

そして漫画。
電子書籍で買えばスペースの問題に直面する心配がなくなった分、こちらの勢いも上昇中です。大長編を買うのも抵抗がなくなりました。だって手放す心配ないんだから!

 

わたしが持っているKindleは現在の2つ前のモデルです。いいモデルがどんどん値下がりしていますね!
今使っているのを大事にしますけど、新しいのもいいなぁ……と羨ましく思います。

-読書について, 雑記, 電子書籍について
-