つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

Mac ブログ運営記 買い物 雑記

ELECOM Bluetoothフルキーボード・TK-FBP044BKはお値段以上だった!

2015/11/22

またキーボード買っちゃった

iPadにくっつけているLogicool TYPE+をすごく気に入っています。
というのも、キーの打ち心地がいい。大分US配列に慣れてきたこともあってかなり快適です。

で、Macのキーボードもキーの打つ感じがもっと軽めのが欲しいと思ったんです。
今まで使っていたLogicool K480も良いんですが、やはりキーのタッチが重めなのと、iPadを差し込んでも大丈夫なように入れてある重りがちょっとなぁと思ってたんです。

ということで、またもキーボード探しの旅に密林へ……。

一昔前はMac対応のキーボードを探すのも一苦労でしたが、今やiPhoneのおかげか様々なBluetoothキーボードがMacにも対応してくれるようになりました。いい時代になったものですね。

さて、今回の絞り込み条件です。

  • Bluetoothである。
  • テンキー付き
  • Macと違和感のない接続
  • パンタグラフ式でタッチは軽めがいい
  • 適度な高さ
  • 角度調整ができる

この辺でしょうか。

再重要項目がパンタグラフ式です。とにかく浅めの打ち込みと軽さを重視。色々調べてふるいにかけると3つ目のMacとの連結のしやすさが最後の決め手でしたね。キータッチに関しては、最近の電気屋さんはちゃんとサンプル出してくれるから試せていいです。

それと、テンキーが別なのが地味に不便で邪魔だったので、もうテンキー付きで!

 

ご近所の電気屋を巡ってお試しした結果、こちらに決定!

写真 2015 06 23 19 26 24
いやぁなんでしょうこの金のかかっていない梱包。無骨なダンボールがたまらないですね。安いってこういう事。

写真 2015 06 23 19 26 57

写真 2015 06 23 19 27 14

青で印字されている部分がMac、iPad用のキー配列です。
右上に現在のモードと切替、電池状況が出るのが便利です。

写真 2015 06 23 19 27 51

キーの厚みはこんな感じ。ノートパソコンぐらいです。

写真 2015 06 23 19 28 26

 

ELECOM Bluetoothフルキーボード・TK-FBP044BKをMacで設定する注意点

Bluetooth接続設定

設定する時に左右のシフトキーの隣のキーをそれぞれ押すように指示されます。このキーボードでは右のシフトキーの横が↑キーなんです。この場合はコレを飛ばして「_」キーを押しましょう。
↑キーを押すと認識しません。

モード切替を忘れずに

Macで使用する場合、Bluetooth設定が終わった次にモード切替をして下さい。
まずFnキーとBT1キーを押して切替を割り当てます。その後FnキーとF12に割り当てられているModeキーを押して下さい。そうすると右上の液晶部分に「mode2」と表示されます。
そうするとキーは位置がMac用に切り替わります。
これで青い字で印字されている部分がMac用と同じになります。

ここまでやればあとは通常のキーボード。現在快適に動作中です。
お値段がかなりリーズナブル価格なので、文句なしの動作ですね。

 

長時間使う物だからこそストレスを感じない物を探し続ける

何個もキーボードを買って思うのは、こだわりや打ちやすさなど求める部分は人によって違うので、やはり触って吟味するのは一番かと思います。もちろん触ってみても、長期間使用してみてなんか違う……と思うこともあるでしょう。

同じ人でもだんだん変わってくるので、「今度はこういうのが使いたい」とか「試しに高いの買ってみよう」とか「US配置最高」とかなるかもしれません。過去に買った物を引っ張り出して使ってみたら意外と良かったとかもあります。

わたしはMacを買った当初、純正キーボードが苦手で、人世代前のどでかいキーボードを使っていました。
が、その後ポメラを買い、あの薄いキーボードに慣れてみたらMacの純正もそんなに違和感なく使えるようになりました。

持っている純正のキーボードはUSB接続だったので、まずBluetoothでいいのがないのか探しました。
そんなにさまようぐらいならもう純正でいいんじゃないのか、と思うかもしれません。純正は純正でちょっとした不満があります。低すぎて打ちにくいんです。使うときポメラの上に乗っけて打っていましたからね。あとはやっぱり角度。もう少し傾斜が欲しかった。

そして現在に至るんですが、今回はMacやiPadで連携できて、Macのキーは位置で使用できる物を探しました。ロジクールのキーボードを経て、今回は上記の状況になったわけです。

ここまでくるとキーボード試すのはもう趣味ですね。
今日も調べたり、お店に行たりして、何個か他にも試したいキーボードが出て来ちゃって困った……。もっと薄いタイプのはどうなのかなぁ……なんて。iPadに付けているキーボードみたいなタイプのキーもすごくいいので、そっちも追いかけてみたい。

キーの形式もいろいろですよね。万レベルのキーボードもいずれ試したいですが、そこまで高いものは……と思ってしまいます。そこは庶民、失敗が怖い。

今回のが大分気に入ったので、次の買い替えは故障した時かな、と思います。
こういうのはお気に入りと見つけられるのが大事。打てればいいや、とはどうしても思えないので、いい買い物ができてよかったー。

お値段もリーズナブルなのがいい所です。

 

-Mac, ブログ運営記, 買い物, 雑記
-, ,