つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

小説

【本】「クリムゾンの迷宮」貴志祐介/読み始めたら止まらない! そして何回読んでも面白い!

「悪の教典」で有名な貴志祐介さんの10年以上前の作品です。

なにげにこれが一番好きだったりします。何回読んでも面白い! ジェットコースター小説。

主人公の藤木が目を覚ますと、周囲には信じられない光景が広がっています。見知った自宅のアパートではなく、まるで地球ではないような異様な赤い岩山。ここに来る前の記憶も定かではありません。
自分の傍らにはわずかな食料とともに携帯用のゲーム機が置かれています。スイッチを入れると「火星の迷宮へようこそ」の文字と、それに続くゲームのルール説明が流れます。
不可解な状況に混乱しつつも、指示に従うしかない藤木。想像もしなかったゼロサム・ゲームが始まる……。

ゲームブックっていまはもう滅んでしまっているんでしょうか。

わたしが子どもの頃は漫画雑誌の付録についてきたりしたんですけどね。ホラー系の子供向けの本についていたりもしてかなり馴染み深いです。
Xファイルの文庫本にもあったような気が……。

さて思い出話は置いといて、クリムゾンの迷宮です。

貴志祐介さんというと、ホラー系という共通点はありつつも作品ごとに全く違う題材で楽しませてくれる作家さんです。
黒い家、天使の囀り、13番目の人格……当時デビューから追いかけて読ませていただいていました。そんな時に角川ホラー文庫で書き下ろしで発売された本作。即買い、即読みでしたね。

自分の置かれている状況の不可解さ。同じく集められた人々の信用できなさ。そもそもとしてゲームのゴールは一体なんなのか、という謎。
謎が明かされないままにゲームに参加するしかない主人公。なかなかに明晰で体力はあるけども、一般人レベルなおじさん(?)が主人公というのが妙にリアリティを感じさせてくれます。

わたしが好きなのはジャングルクッキング(笑)です。ワラビー美味しそう……と思ったのはいうまでもありません。調理方法も後々効いてくる感じも含めていいです。

普通こういう話だと、多少仲は悪くてもお互いに協力しあって脱出、という展開になりがちなんですが、ゲームのという一点でライバル関係になり「助け合う」という行動が起こりにくいのがポイントですね。
集団でのグダグダの揉め事が少ないのがいい。序盤でどうしたって気の合わない人たち勢揃いしてましたが、後腐れない感じがおおいに結構です。「あの人たちを助けなければ!」的な正義感バシバシの主人公とかこの手の話では余計ですからね。各々がんばりましょー。

展開に関しては割と露骨な伏線がバンバンあるんですが、読んでいる最中は話にガッツリ引き込まれるので全く気づきません。伏線を隠す最高のテクニックは「話が面白い」がベストかもしれませんね。考えさせる暇を与えない面白さ。

トータルで4〜5回は読み返していますが(定期的に読みたくなる)、読むたびに伏線の多さに驚かされます。

今回この記事を書くのにまたパラッと振り返ってたんですが、いつの間にかちゃんと読んでる不思議。やっぱり面白い。内容もあらすじも、展開も結末も知っているのに面白い……。

完全に術中にハマってますね。

-小説,
-