つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

【映画】サプライズ/ネタバレ注意! ベタなホラー設定でも料理次第でこんなに楽しい! ビックリドッキリホラー

2016/10/31

洋題は「You're Next」(次はお前だ)。こっちの方がしっくりきますね。
両親の結婚記念日を祝うために集まった家族たちに突如仮面の襲撃者が襲いかかるというホラー映画です。

ネタバレや予備知識ないまま観るのをお勧めします。
ネタバレ含む感想です。ネタバレ注意!!

サプライズ

2011年 アメリカ
監督:アダム・ウィンガード
出演:シャーニ・ヴィンソン、ニコラス・トゥッチ、ウェンディ・グレン、ジョー・スワンバーグ

あらすじ

恋人の両親の結婚記念日を祝うために別荘を訪れたエリン。集まったのは両親と4人の兄弟とその恋人(夫婦?)たちです。

エリンの彼氏のクリスピアンは次男で、長男のドレイクとはうまくいっていません。ディナーの最中口論になる兄弟ですが、そこに突如外からクロスボウが打ち込まれ、長女の恋人が死亡。長男も母親を庇って負傷してしまいます。

現れたのはアニマルマスクをかぶった殺人鬼たち。彼らの狙いは……? そしてエリンたちは生き延びることができるのか……!

運だけで生き延びるヒロインなどもはや古い!

殺人鬼たちがしめしめと一家を襲いにきたら次男の彼女がサバイバル能力レベル90だったよ! クロスボウと不意打ち頼みの犯人たちはどんどん返り討ちにされるよ!

そんな映画です。最高!

この映画の場合、主人公のエリンに関する事前情報があるかどうかで、ビックリ度が変わります。わたしの場合は、彼女が返り討ちにしまくる映画だと知っていたので、期待値上げすぎてしまったんですよね。もっとバリッバリにやっつけちゃうかと思ってたので……。それなりにたどたどしい部分もみせたりする可愛げのあるエリンでした。

こういった「侵入者もの」はホラーの定番設定です。「ファニーゲーム」という作品もありますしね。

反撃系ヒロインことエリンは父親からの英才教育のおかげで、生き延びるために闘う術を知っています。しかし実戦経験はそれほどでもないため、試行錯誤しつつの反撃になっています。

前評判で、ホラー版「ホーム・アローン」だと聞いていたため、あんな調子でピタゴラ系の罠をたっぷり仕掛けてくれると期待してしまったのです。割と原始的かつ即効性のある物が多く、創意工夫あふれる反撃を期待していた身としては少々物足りなく思ってしまいました。
犯人側がマヌケな部分が多く、あっさり負けてしまうのでそこが残念だったりして。反撃を予想していなかったとはいえ、割と簡単にボッコボコにされる犯人たちの姿には呆れてしまいます。まぁあっちも素人っぽいですし、高度な戦闘は期待できないのもしかたありません。

しかし隣家のおっさんたちの巻き添え感がかわいそうで……。助けを求めに行けないようにしたのと、連続殺人に偽装するためでしょうね。

ホラーにおける「犯人は?」という謎解きはそれほど重要じゃない?

犯人側のたくらみが判明すると、一気に殺人鬼側がお安い犯罪者に見え始めるのがちょっといただけません。遺産狙いって火サスかよ!

何を考えているかわからない不気味さって大事です。動機がはっきりしているほど小物感が出てしまいますからね。「生きている者皆襲う」的なジェイソンは問答無用な怖さがあります。理解しやすい動機があって、さらにそれが浅い次元の話になるとどうしても怖さよりも犯人たちの小ささを感じてしまうのです。
莫大な遺産のために一家全員皆殺し、は現実にあったら寒気がしますがホラー内だとちょっと感じ方が違うんですよね。

主人公の彼氏がまさかの黒幕というのは意外でした。導入部分での兄弟仲の微妙さは後半の伏線なのですね。
兄貴があまりにもクズすぎて同情する気が一切起きないのはご愛嬌でしょうか。うちの姉もあんな感じなのでね、うん。次男に感情移入しまくりだよ。

共犯の一番下の弟と彼女ですが、あの2人はどっちも最初から怪しさ満点だったので、そこまで意外ではなかったです。彼女なんて登場からひとりだけ雰囲気おかしかったもんなぁ。ホラーだとああ見えていい人だったなんてこともあるから、一概には言えないんですが。

ホラーですけど笑っちゃうシーンも

「いいいいいやぁぁぁぁあ!!!」と叫んで外に飛び出してかなり遠いお隣さん宅まで走っていく長男の嫁にはちょっと笑ってしまった。長男同様あんまりいい印象じゃなかったため同情心も薄くなるってもんですよ。がんばって走ったけど隣人はすでにお亡くなりになっていて大変残念でした。

今作はミキサーの斬新な使用法も登場しまして、キッチン武器に新しい可能性を提示しております。色々と電化製品も増えて、またこの手の日常武器も増えていくんですね。感慨深いですね。

わたしはてっきり玄関のあの罠、帰ってきた彼氏に直撃かと思ったら、実は……のオチ要員として生きてヒロインに会うため免れてしまったのですね。お巡りさんがかわいそうだ……。

主人公がスタローンやシュワちゃん波にバトってくれれば直良かったホラーでした。

 

-映画, 洋画
-