つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

読書について 電子書籍について

図書館はすばらしい/読める本がたくさんある、ただそれだけで幸せな空間。

久しぶりに地元の図書館に行ってきました。

今のアパートに引っ越して来てすぐぐらいに、図書館カードを作っていたのですが、全く利用していませんでした。

学生の頃は通っている学校の近くに市の図書館があったので、1週間に1回、多いときで2回通っていました。お小遣いが限られる中、自由に好きなものを借りて読めるっていうのが本当に幸せでした。

フリーター時代もかなりお世話になっていました。文庫やノベルズは割と簡単に買っていたんですが、ハードカバーはハードルが高かったです。新刊を読みたい気持ちと、お値段と収納状況の悩ましい葛藤です。

そして今、ほとんどが買って読むようになっています。Kindleの影響も大きいですね。セールなども多いですし、今まで以上に気軽に買うようになりました。
そして自然と図書館からは足が遠のいてしまっていたのです。

なんで急に図書館かと言うと、たまたま思い出して行ってみようかな、という気になったからです。
というのも、世間で話題のTSUTAYA図書館のおかげで、図書館に関するニュースがチラチラ視界をかすめるわけです。
わたしは上記の通り、一時期ヘビーに利用していました。あれこれ論じられていますが、まぁその辺はわたしがごちゃごちゃ言う事でもありません。
本読めりゃあそれでいいっていうタイプはとにかく在庫量があればいいかなってところです。読みたい本がなかったら、別の探しますし。ていうか、目的を持って図書館に本を探しに行った事はあんまりないんですよね。習慣のように毎週かよって、読みたい本探して、借りて、読んで返す。ただその繰り返し。

話がズレました。いつものことです。

でまぁ数年ぶりに行ってみたわけです。
結果どうだったか。

やっぱり図書館てテンション上がる!

まちの小さい図書館なんですが、なかなか良いのがありました。嬉しくなって借りて来ちゃいましたよ。今でもハードカバー本はよっっっっっぽど読みたいのでない限り文庫待ちするんで、まだ文庫化されていない好きな作家さんの本を見つけるとテンションが上がります。上限5冊あっという間でした。

図書館の利用が増えると本が売れないのか。

まぁそういう側面もあるのかな、とも思います。
わたしの場合で言うと、借りて読んで「手元に置いておきたい」と感じるものは買います。ハードカバーだったら文庫化と同時に買いです。今ならKindleのセールもあるので一層買うハードルは下がりますよね。

わたしの中では、本は1回読んで終わりというものではありません。
好きなもののリピート癖は本でも同じです。何回でも読みます。1回読み終えたら、そこでこの本を手元に置いておきたいかどうかのジャッジを下します。いらないと思ったら古本屋へ行く箱へサヨウナラ。
気に入った本は、読み終えたら1度戻ってパラパラ気になった箇所を再読したりもします。そこから寝かしに入ります。

人の記憶力なんてたかが知れています。年齢を重ねてさらに忘却が酷くなりました。高校生の頃に読んだ沢山の本は、今やうっすらとした記憶となり、ストーリーも彼方へとさまよっているものもあります。
そういったものでも「好きだった」「興味なし」のジャッジだけは残っているのです。ふとした時に読み返したくなり、購入するという事も多いです。

記憶が定かではないので、まるで初読のような驚きとワクワクがそこにはあるんですよ。なにしろすでに1度「好き」というジャッジを過去のわたしが下しているのです。面白い事は保証済みです。いやぁ昔のわたしナイスだわ、ということもよくある。

わたしにとっては図書館とは買うためのリサーチ場としての機能もあるなと思ったんです。電子書籍だと試し読みはありますが限りもありますので、買って失敗したな、ということも少なくないので。

そして、返却期日があると、ちゃんと読むんですよね。
Kindleの詰ん読の量が日に日に増えているので、戒めの意味も込めて、図書館通いを再開していきます。
気兼ねなく新刊が読める……幸せだのう……。

-読書について, 電子書籍について
-