つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

ひとり暮らし 雑記

身の回りのこと、ひとりでできますか?

2016/07/10

親と同居していても自分の事ぐらいは自分でやろう

ひとり暮らしをしたことがあるひととない人とでは、生活力に大きく差が出ます。
家事労働ができるかどうか、というところもありますが、それ以前に、自分は家事労働に向いているかどうか、という判断ができるんです。

男女を問わず、びっくりするぐらい向いていないひとがいる。
わたしもその1人ですが、それでも自分の身の回りのことぐらいはちゃんとできます。しないと生活できませんからね。

今時料理ぐらいできなくても死にはしませんが、ゴミの分別はできないと捨てれません。風呂やトイレは掃除をしないと汚くなる一方です。キッチンは最悪使わなきゃいいですが、風呂トイレは使わないわけにはいきませんしね。

前に働いていたアルバイト君はひとり暮らしをしたばかりの頃、毎日米を炊いてふりかけをかけて食べていたそうです。それのみ。そうしたらだんだん味しなくなってダメだったそうです(笑)。アホか、と思うでしょうが、料理をしないひとからするとその程度なんですよ。こいつはご飯を炊くだけましです。
そして外食に流れるものの、日々のお金にも限界はあり……。とまぁ悩ましい毎日。

うちの実家の父は多分、家事労働は無理だろうと思います。それこそ、料理は多少やるでしょうが、後片付け、風呂トイレの掃除、洗濯。そして何よりもろもろの生活のための事務手続きなんかは絶望的です。
よくある笑い話で、奥さんが入院して戻ってきたら家の中がめちゃくちゃだった。旦那さんが奥さんがいないと何もできなくてダメね、というもの。

笑えないですよ、これ。

ちなみに、うちの父は若い頃はひとり暮らしをしていたんです。ただ、まぁ色々と絶望的だったようです。なので割と早く母と結婚してるんですよね。つまりそういうこと。

奥さんを家政婦扱いか! と怒るのは簡単ですが、ぶっちゃけ得意不得意がある以上、出来ないならやってもらうしかないんですね。今だとサービスも充実しているから、外部の人に有料でやってもらうのもありですよね。
わたしだって給料が倍ぐらいあったら、毎月1回は外部の人にお願いして掃除してもらいますよ。

まぁお母さんに掃除しに来てもらう事はしませんけどね。さすがに……。

-ひとり暮らし, 雑記
-,