つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

仕事のこと 雑記

つくづく仕事絡みの飲み会というものが嫌いだな、と感じる今日この頃

飲み会がねぎらいにならない相手がいる事を知って下さい

年末年始働き詰めでございました。こじまです。
そんなこんなで気持ちも改まらないまま仕事をしているのですが、例によっていつまでたってもクッソ忙しい。社員含めスタッフの心もボロボロです。忙しいのと売上げが比例しないのが安売り店の悲しいところです。

さて、愚痴はこのぐらいにしまして、先日正月あけのやっとこの休みが、上司との飲み会となってしまいました。悲しい事です。人の予定を確認するのにまず「暇かどうか」だけを尋ねるのは止めて欲しい。バカ正直なわたしのようなタイプは「ただ家でウダウダしようと思っていた」という事を隠せないのです。急に聞かれてもとっさにもっともらしい嘘を重ねられないのです。つらい。

そんなわけで、上司と飲み会です。タダ飯であることが唯一の救いです。
わたしと後輩をねぎらう気持ちの飲み会だというのは分かります。上司の気遣いです。

世の中には飲み会でストレス発散できるタイプと、そうでないタイプがいます。わたしは後者です。

一口にストレス発散と言いましても色々あります。人それぞれ違います。仕事のストレスは、仕事の話で発散されるのではなく、仕事からとにかく離れる事で発散されるのです。休みのに日仕事関係の人間と会って仕事の話するなんて、そんなのはたとえタダ飯であろうとも仕事でしかないんですよ。

ああどうして断れなかった自分。

上司は根っからの仕事大好き人間でして、こういった飲み会は大好き。人と関わるのが好きなんです。
もっと言うと、仕事関係の人間関係も大事にしているので、こうやって上司や部下と飲みに行くとかしょっちゅうなんですね。ストレス溜まったら誰かと飲みたい、そんなタイプです。

一緒に言った後輩はというと、今一番仕事にやる気みなぎっているところです。さらには上司の評価も急上昇中。仕事に対する意欲があふれているのです。

さて、ここで2人とは対照的に、疲労困憊でもう誰とも会いたくないしばらく引きこもりたい気持ちでいっぱいなわたしが登場するのです。

こんな場で冷や水ぶっかける本音ぶつけるほどわたしも度胸はありません。当たり障りなく2人を盛り上げるべくニコニコ相槌を打ち、時に話を振り、楽しい顔をしていました。
もはや接待レベルでがんばってた。

おかげで場も盛り上がり、結局終電。わたしの休みあ夜の闇に消えて行ったのでした。

ここで誰が悪いのかと言うと、自分が悪いとしか言いようがありません。

結局誘われたところで適当に断れる判断力の鈍さ。それと、普段自分が仕事に対して感じているあれこれをもうちょっと小出しにしとくべきでした。明日にでも仕事辞めたいぐらいにウンザリしている人間には、少々ヘビーな飲み会でした。

なにより疲れたのは、「最高にやる気にあふれた2人」と同じ熱意で話を合わせる事でした。

「残業減らせって言ったその日に、就業時間後に仕事振るって意味わかんねー」とか言える飲み会ならまだストレスは発散されたのかもしれない。ただ、会社の悪口は何の生産性もないので、時間がもったいないのは同じなんですけどね。終わった後のストレスの量はまた違ったでしょうけど。

とりあえず、ご飯はおいしかったです。それだけが救い。

「たりないふたり」に学ぶ、飲み会からスムーズに脱する方法

というわけで、わたしと同じようなダメ人間には共感間違いなしなのがこちら。

そのものズバリ「飲み会の断り方」「飲み会から早めに離脱する方法」的なものがテーマにあったりするのです。今ではオードリーの若林さんはあまり人見知りイメージはなくなってきていますが、この頃は多分まだゴリッゴリに人見知りと思われる頃です。
「たりないふたり」と「もっとたりないふたり」での若林さんの変化も面白いですね。同じく飲み会をテーマに話していても、ちょっとスタンスが違ったりします。

山ちゃんや若林さんを見習って、わたしも飲み会お断りネタを仕込んでおけばいいのかなぁ……なんて思ったりしたのでした。

関連記事/仕事に関する記事はこちら

-仕事のこと, 雑記
-,