つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

【映画】スキンウォーカー・プロジェクト/消えた息子はどこへ? この土地は呪われているのか。

あらすじ

家族で牧場を営む家族。ある日両親の目の前で息子が忽然と消えてしまいます。
超常現象の調査のためMDE(民間の調査会社?)のメンバーが派遣されます。未確認飛行物体の目撃情報が多い土地で、近くには軍の研究施設もあるとのこと。不穏な情報満載です。

家の周りにカメラを設置し、調査を開始するのですが、さっそくその日の夜から説明不能な現象が起こり始めるのでした。

エイリアン・アブダクションもののPOVです。
ネタバレ含む感想です。ご注意下さい。

リアリティのある映像なので色々ともったいない!

地球外生命体に家族を攫われた男の元に超常現象研究班が調査のために訪れる話です。
よくあるエイリアンアブダクション話をPOV映画化した感じ。調査映像を主体としたフェイクドキュメンタリーです。

不可解な現象で突然息子のコディを失ってしまったホイト。この手の話ではありがちですが、彼自身に疑いをかけられてしまい、事件は迷宮入り。奥さんは精神病院に入院中。お父さんは参っているだろうに、気丈に振る舞っているように見えます。

細かな超常現象を積み重ね、不安を煽って行く手法はなかなかですが、とかく画面が暗いのが難点です。何してるかわかんねー。低予算あるある。

飽きる前に次の展開が起きるので、ワケワカランとなってもあんまり気にならないところがいいところ……かな。

色々要素を突っ込みすぎて意味不明部分も多いです。POVだから不可解なまま終わって後はご想像にお任せしますっていう展開もいい加減やめた方がいいんじゃないの? というのがよく分かる。

  1. 農場の息子の失踪
  2. 不可解な発光体
  3. 謎の超音波
  4. 血を抜き取られた動物の変死体
  5. 息子の幻影
  6. 巨大オオカミ(?)
  7. 地下洞窟に描かれた謎の壁画

さらっと並べただけでこのくらい。なかなか盛りだくさんです。

これらをひっくるめて、1つの生命体が様々に姿を変えている、という結論はなるほどでした。しかしそれだけで説明終わりって、ちょっと雑じゃない?

MDEが過去にこの土地を訪れていた、という話の展開は面白いのですが、あの箱の発見の不自然さとか、あの映像誰があそこに置いたんだよ、とか突っ込むところがありすぎて困る……。もうちょっとどうにかできんかったんか。だって全員死亡してるじゃないか……。

作中で登場人物が言ってますが、彼らが来たことで急に活性化してますけど、それに対する説明はなし。
序盤で怪しげな車がこちらを伺っていますが、あれが黒幕的な? MDEが過去に来ているということから、彼らがただのおとりだったという説もアリか……?と思いますが、なんのために、というのが全く説明できない。

ええいぜーんぶ政府の陰謀だ! とモルダー化して納得するしかありません。あなた疲れてるのよ……。

リアリティもあるし、暗いのと手ぶれとでイマイチ分かりにくい、ということを脇に置けば、なかなか面白いんですけど、不可解なことを不可解なままにしすぎてて映画としてビミョーな仕上がりになってしまっています。

テンポがいいので見やすいのは確か。薄ぼんやりした灯りがふわふわするだけお茶を濁されるよりずーっとましです。ただ展開が早いのでエンタメ性もうちょっと上げてくれてもいいのにね。
全体的に色々と惜しい。

数あるPOVの1つとしてふんわり観るぐらいでいいかな。

 

関連記事/オススメPOV映画

 

-映画, 洋画
-, , ,