つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

雑記

風呂にスマホを持ち込もう。長風呂の友だ!

お風呂にスマホ、と聞くとどう思うでしょうか。

「スマホ依存!」と一刀両断されてしまいそうですが、別に常にいじっているわけではありません。

わたしがお風呂にスマホを持ち込む理由はただ1つ。動画を流しておくためです。見てもいません。音が欲しいのです。それも、音楽ではなく、トーク番組が望ましい。静かなお風呂が苦手なのです。

自他ともに認めるホラー好きで、このブログの記事も8割ぐらいがホラー映画のことに付いて書いています。それくらい大好きです。
心霊現象やら何やらに付いてはこれまで経験はありません。なので、わたしの中ではないことになっています(信じている人を否定しているわけではありません)。

さて、ここまでが前提です。
そんなわたしでも、ガチの心霊ものを観た後にひとりで深夜にお風呂はあんまり楽しいものではありません。
かの呪怨でもお風呂でのシーンもありますので、フワッとそんなことを思い出しちゃうんですよね。風呂とホラーは色々関連性がありますし。

さらに、うちの脱衣場には洗面台がありまして、洗面台の鏡から背後のバスルームが見えるのです。
夜中にトイレに行って、手を洗っているとき顔を上げて薄暗いバスルームが見えると「変なもの見えたらヤダ」と目を逸らしてしまいます。

オメー信じてねーんじゃなかったのかよ! というツッコミは当然です。
しかし、信じているかどうかと、怖いかどうかはまた別問題なのです。

自宅の風呂と言うと、映画ではあまりいいことは起こりません。いや、わたしがみる大半の映画は風呂ではほぼ惨劇とか、見たくないものがドーンと現れたりするのです。

しかしわたしは風呂が嫌いではない。というか好きなので、ゆっくりつかりたい。

結果、編み出したのが風呂場でのスマホなのです。ゆっくりはしたいので、音声再生をしたらあとはゆったり使ってのんびりお風呂です。
ぶっちゃけあんまりちゃんとトーク内容は聞いていなかったりします。

わたしのように静かなお風呂が苦手なかたは、お風呂にスマホを持ち込んでみてはいかがでしょうか。

 

-雑記
-,