つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

ゲーム

【ゲーム】バイオハザード3(PS)/ジル再び登場! ラクーンシティからの脱出。

2017/01/23

前作であるバイオハザード2ではラクーンシティを舞台にしつつも市街戦がほとんどありませんでした。その点はちょっと残念だったんですよね。3作目でついにラクーンシティ街中での攻防が描かれます。
こちらもかなり好きな作品で、かなりやり込みました。

映画の「バイオハザード2」はこの作品からの要素が多数採用されています。ジル、カルロス、ニコライなどが登場し、作品ファンは「お?」となる事請け合い。なにしろジル役の女優さんがめっちゃかわいくて、しかもこのコスチュームでウロウロするんで歓喜ですね。カルロスとニコライに関しては別人過ぎてコメントのしようがないんですが、ジルだけでも観る価値のある映画です(怒られる)。

あらすじ

洋館での事件から数ヶ月。無事に生還したS.T.A.R.S.の隊員たちは事実を報告するも、上層部と巨大製薬会社であるアンブレラ社の癒着により事件は握りつぶされてしまいます。独自調査を行っていたS.T.A.R.S.の隊員たち。その間に事態はどんどん悪化し、感染はラクーンシティにまで及んでいました。同時に、S.T.A.R.S.抹殺を企むアンブレラは生物兵器を送り込んできます。

アンブレラの傭兵部隊に所属するカルロスと協力し、ジルはラクーンシティからの脱出を試みるのでした。

ジル再登場のPSで発売された最後のシリーズ

物語はシンプルに、ラクーンシティからの脱出を目指します。主人公はジルで、一瞬カルロスを動かすところがありますが、基本ジルを操作するゲームです。

新しく「THE MERCENARIES OPERATION MAD JACKAL」というミニゲームも入りまして、このゲームの成績によって無限弾薬が手に入るという嬉しい特典がありました。ストイックなプレイもいいですが、これで残段数を気にせずガンガン進めるのもストレス発散になっていいんですよー。マグナム装備すればほぼ完璧ですから……。でもわたしはショットガン好きなので、色々組み合わせて使っていました。

武器に関しては新しい試みで弾薬を調合、なんてものがあります。組み合わせ次第でできる弾丸が違うっていう。不評だったのか、その後のシリーズには継承されていません。まぁ、調合はハーブで十分よね……。

男気あふれるジルがめっちゃ強い

あの格好で市街戦繰り広げるっていう時点で「オイオイ」ですけど、ジルかわいいからいいんです許しましょう。
前回は肉体派のクリスの方が難易度が高く、ジルを選ぶと難易度が低めの設定でした。今回は2度目ということで、ジルでもガッツリ高難易度まであります。タダの特殊部隊じゃねーぞって感じの強さです。たくましい。

相変わらずのクソ企業っぷりのアンブレラ。自分とこの傭兵部隊も使い捨てです。
それにしてもあの修羅場のなかで、追跡者投入してもなお生き残るっていうのはさすがにアンブレラも予想外だったんでしょうね。そりゃそうだ。ロケラン装備してて負けるとかどういうことなの。ジル強すぎ。

カルロスはイケメンだけどヘタレ枠でして、ジルに活を入れられたりしています。頼りになるのかなんないのかわかんないイケメン。その後のシリーズへの登場がないのが残念ですね。悪くないと思うんだけど……。早死にしそうなタイプではあるが。

3でも警察署ないの探索があるので、2とちょっと被る場所があり、プレイ済みだとにやりとする場面が多々あります。
2とは同時進行的な時系列に当たっています。2でゾンビ化していた仲間がやられるシーンがあったりして、そういう部分でも嬉しい作品でしたね。

ここから先のナンバリングシリーズは、ラクーンシティから離れて別の場所が舞台になります。

こちらも2と同様PSストアでダウンロードが可能です。PS3とPSPでプレイできるようですね。

関連記事リンク

-ゲーム
-,