つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

ゲーム

【ゲーム】バイオハザード4(PS2)/レオン、イケメンになって再登場!

2017/01/23

2をプレイした方はよくわかると思うんですが、ほんとヘタレ新人警官だったんですよ。真っ正直でね、初々しくてね。そこにエイダもくらっときたんだとは思うんだ。

それがまさか数年でここまで完全なるイケメンへと変貌するとは……。いやぁ月日は恐ろしい。

しかしイケメンのレオンはいいのですよ。かっこいいから動かしててもすごく楽しいのですよ!

とまぁ、序盤はイケメンに気を取られてしまいますが、バイオは相変わらずです。
ヨーロッパのど田舎壊滅させるレベルに感染マックスな場所に単独で乗り込む羽目になったレオン。不運な男です。そこにはかつての相棒も敵として出現。こいつがまたレオンになんか執着してるめんどくさい男なんですよ。モテモテで大変だなお前。

イケメンになっても受難が絶えないレオンですが、面白いのでいいんです。自覚があるのか、本人もめっちゃぼやいてる。

あらすじ

ラクーンシティからの脱出から数年後。レオンは合衆国のエージェントとして雇われています。訓練を終え、大統領の娘・アシュリーの護衛に向かうところでしたが、任務に就く前にそのアシュリーが誘拐されてしまいます。レオンの任務は護衛から救出へと変更。しかも内通者がいる疑いもあり、単独で調査を開始することになります。
ヨーロッパの田舎町に出向き、聞き込み調査を開始するレオンでしたが、村人が突如として変貌し襲いかかってきます。異常な村の状況にラクーンシティを思い出すレオン。
果たしてアシュリーは無事なのか? そしてこの村では一体何が行われているのか?!

こんな感じ。

ゾンビというより感染のほうにシフトチェンジ

感染によるゾンビ化、というのがこれまでの流れですが、今作から本格的に感染をメインにしています。
村人たちも、プラーガというブツを体内に入れられたため、変貌してしまっています。なのでゾンビ的なものでもないようですね。

教祖のサドラーや村長たちが支配する側のプラーガを入れて、村人たちには支配される側を入れる、という感じなのですね。ゾンビだと無差別に襲うけど、プラーガなら安心! てことか。

メインはこの教団の暴走ですが、エイダの登場や、断片の資料などから、このプラーガを利用しようとする組織があるのも分かります。まぁゾンビよりは使いようがありそうだもんね。

4をやって、CG映画の「バイオハザード ダムネーション」を観て5をやると、なるほどーな進化です。生物兵器的ではありますが、初期のゾンビから考えると、指示系統が確立できるガナード的な物の方が支配が簡単ですからね。
それでも自分もあそこまで化物になるのは許容しがたいんだけど、みんなよく平気だなーと毎回思います……。めっちゃ巨大化してるじゃん……? 一応戻れるんだよね……?

単独潜入だからぼっちかと思いきや、女子に囲まれるレオン

さて、前回はクレアやエイダがいましたが、今回は単独潜入です。そんな中の頼れるサポーターがハニガン。通信でしか話せませんがかわいいメガネっ子です。
無線でレオンのサポートをしてくれます。無線いいじゃない。オアシスだったのにサラザールめ……。

救出対象であるアシュリーも、意外と早く合流します。また攫われたりはぐれたりと色々ありますが、仲良くやっててなにより。衣装を手に入れたらアシュリーには甲冑を着せるのを推奨します。目の保養ではなくなりますが、ロケランですらダメージを受けない上に、ガナードにも攫われません。最強過ぎる甲冑。
大統領の娘という立場でありながらも、健気だしわがまま言わないしでいい子です。これクソガキだったら最悪だったわ。

そーしーて、レオン受難の原因でもあるエイダが再登場。
生きてたのか! と驚くわけもなく、そりゃそうよねという感じ。もう騙されないぞ! なレオンですが、なんだかんだと手玉に取られるわけで、お前変わってねーな、とちょっと嬉しくなったりもします。

イメージを一新した4作目

全体としてこれまでのバイオシリーズとは大分テイストが異なります。
戦闘も固定カメラではなく、レオンの背後から追跡するカメラ形式(ビハインドカメラというらしい)に変わっています。銃撃も狙いを付けやすくなって、頭などの固定部位ヘの銃撃がやりやすくなりました。とにかく頭を狙う、という自分なりの縛りプレイもできて楽しい。

長らくバイオ=ゾンビ、というイメージだったので、ガナードへの変更はすごく新鮮でした。頭部はじけて別形態になったときはビビりましたね。そしてここで登場するチェーンソー。アレは最初は手こずりました……。

色々と変わりましたが、直感で色々とプレイできる感じがあるので、初心者でもやりやすいのではと思います。シリーズの他作品をやっていなくても関係性は分かりやすくなっています。今回はここの宗教団体に端を発する話なので、アンブレラ関係も把握していなくても問題ありません。
レオンとエイダの関係ぐらいでしょうかね。それもうっすら察するぐらいで大丈夫です。

個人的にはバイオシリーズでもかなり好きです。
シリーズ物が方向転換して失敗する例はたくさんありますが、このバイオハザード4に関しては成功しています。ボリュームも申し分なし、たっぷり楽しませてくれたゲームでした。

リバイバルセレクションで、コードベロニカとセットのPS3版が出ていたり、トリプルパックで4、5、6、コードベロニカでセットになっていたりと、まだ入手しやすいタイトルです。
トリプルパック、中途半端に持ってると購入迷いますね……。

-ゲーム
-