つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

【映画】バイオハザードⅣ アフターライフ/ウェスカー議長が大活躍! クリスとクレアも出るよ!

2017/01/22

最強アリスのアンブレラ社との攻防シリーズも4作目。
3作目で壊滅状態になっている世界を描いていますが、今回は意外と生存者がいるということに驚かされます。

日本へのサービスカットなのか、冒頭は日本が舞台。中島美嘉がゾンビ化するってんで話題になりましたよね、予告で。
アンブレラ社は東京が本部だということが今頃判明します。アリスに突入されてすぐに壊滅するので、ちょっとした話のタネれべるですが……。

あらすじ

東京のアンブレラの施設を襲撃したアリスとクローンたち。施設は壊滅状態になり、ウェスカーは単独で脱出します。オリジナルのアリスは脱出したウェスカーを追いますが、そこでTウイルスを中和する薬を打たれてしまいます。

その後ひとり生存者を捜してアラスカへ向かったアリス。安全地帯があるというメモを頼りにアラスカに向かったクレアたちを探すためです。そこでアリスは記憶を失ったクレアと出会うのですが、彼女は胸に付けられたデバイスの影響で記憶を失っていました。

バイオハザードⅣ アフターライフ

2010年 アメリカ
監督:ポール・S・W・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウェントワース・ミラー

完全に前作の続きです。途中から見たら置いてかれるので順番に見ましょう。

世界中に広がった感染ですが、それでも生存者はいたみたい

ロサンゼルスまで飛行機で飛んだアリスたち。今回のメインの舞台はこのロサンゼルスにある刑務所。堅牢な作りのおかげでゾンビに囲まれつつも生存者たちはなんとか生き延びています。

アリスたちが探す安全地帯のアルカディアは巨大な船で、刑務所から双眼鏡で確認ができます。刑務所にいる人々はそこに行きたいけれど周りをゾンビで囲まれてしまい身動きが取れません。
彼らは囚人ではなく、感染が拡大した後にここに逃げ込んできた人たちです。しかし、刑務所の地下の凶悪犯をいれる独房には彼らが来る前から1人の男が監禁されていました。彼は脱出の方法を知っていると主張していますが、ここから出たいがためのでまかせだとみんなは取り合いません。

しかしゾンビたちが刑務所内に侵入してくるようになり、状況は一変。彼の話に乗るしかなくなります。

砂漠化した一帯とは全然違う風景です。アメリカ広いもんなぁ。

日本から始まる4作目

前回唐突に登場したウェスカー議長殿が日本のアンブレラ施設を仕切っています。生存者が意外といて驚きます。
そんな貴重な生存者もアンブレラの人間ということでアリスは容赦しません。人類が滅亡するかどうかの瀬戸際なのに、ちょっともったいないぐらいの殺しっぷり。いいのか。

前作のラストの予告通り、クローンたちを引き連れて襲撃する大量のアリス。ウェスカーもタジタジです。

ウェスカーもうちょっと細面が良かったなー。そしてちょっと若すぎるなー。というのが率直な感想です。グラサンにごまかされないぞ。

ウェスカーからTウィルスの中和剤を投与され、普通の人間に戻ってしまったアリス……のはずですが、まだ十分にTウィルス活性化してそうな闘いっぷりです。まぁ元々戦闘力高かったからね……(一作目参照)。それで一応納得しておく。

武器とか飛行機とかどこから手に入れてるの? なんて余計なことを思うのです。

野生に返ってたクレアさんを回収して飛行機でまた生存者探しするアリスでしたが、それにしても燃料問題どうしたんだろう、とかまた余計なところが気になっちゃうんですよ。
3作目では燃料調達に頭を悩ませ、ヘリを奪うためにアンブレラの基地に突入、とか無茶をしなきゃいけなかったわけですし。アメリカのアンブレラの基地から日本の基地までどうやって移動したんだ、とか疑問は大量にわいてきちゃうんですよね。

突っ込むだけヤボだってのはわかってるんですけど……。

なんというか、前作で世界滅ぼしすぎたから、ちょっとだけ色々調整しましたって感じがするんですよね。

次回へ続く! なエンディング

安全地帯と思われていた船は結局アンブレラのものでした。

まぁ大方予想はついていたわけですけど、にしてもやっぱりかーと残念な気持ちに。この世界アンブレラ以外生き残ってないのかよ……。

ウェスカーを上手いことはめて良かったねーとなったのもつかの間。船には大量の戦闘機が向かってきます。そこには2でラクーンシティから一緒に脱出したジルの姿が。洗脳状態にあるようで今度は敵として登場します。

でも続きは5でね! という終わりです。

今作のゲームとのコラボ具合

登場キャラとしてはクレアとクリス。そう、クリスが満を持して登場なのですよ。プリズンブレイクのあの人です。プリズンブレイクがまたプリズンに入ってて失笑したんですがそこは狙ったんでしょうか。
そしてクリスのビジュアルがまたクリスじゃなさ過ぎてズコーっとなったんですが、もう慣れました。一応兄妹設定は生きていたようです。

ウェスカーとクリス初対面だと思ってたんですが、なんか知り合いっぽい話してまいたね。初対面じゃないの? 5での戦闘シーンと似た感じでバトってましたが、映画の方だと積み重ねがないから「え? 知り合い?」って感じでなんともはや……。

ここまで続く予定じゃなかったんでしょうが、もう少しキャラクターたちの関係性を育てる努力をして欲しいな、なんて。因縁があるんならそれについてもうちょっと描写してくれ。

ゲームやってれば、クリスとウェスカーの因縁は知ってますけど、映画だと客層もまた違うんだろうし、そこら編もうちょっと観客に気を配って……なんてわたしが考えることじゃないですけど。

モンスターの目玉は処刑マジニ。ゾンビに混じって普通のマジニも登場します。マジニ化してるってことはこの辺はアンブレラの差し金っぽい? 深読みしちゃいますが、まぁそんな細かいことは割とどうでもいいと思うので新型ゾンビとでも思ってスルーしましょう。
処刑マジニはでかくてなかなかいい感じでした。フィギュア欲しいね!

自分の心の広さを試される4作目

なんか、もうここまで来たらあんまり余計なことしないでオリジナルでやっていいよ……という気持ちになってきます。次でまたトンデモな展開になるので、心の準備、必要!

それと、アクションがスローモーション多用しすぎてて、なんか見辛かったなぁという印象です。何でも適度が一番かなと思いました。

関連記事/バイオハザードシリーズに関する記事はこちら

-映画, 洋画
-, ,