つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

漫画

【漫画】結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日/すーちゃんの今度の悩みは結婚と老後。

2017/01/20

「すーちゃん」の続編です。

三十代独身の日常的を切り取り、共感しまくりの悩みにうなずきまくって読んだ1作目の続編です。
今回は店長に出世し、友だち付き合いにも変化が起きたすーちゃんを描きます。テイストは1作目と同じですが、すーちゃんの悩みにも変化があります。

日常って、変わっていないようでこんなふうにけっこう変化があるよね、と気づかせてくれます。

あらすじ

勤めるカフェで店長になったすーちゃん。
頭をよぎるのは、このまま結婚もせず子ども持たずにおばあちゃんになってしまう不安。貯金は少ししているけどそれでも心もとない金額です。
近所にできたヨガスタジオで以前働いていたお店にいた、さわこさんと再会したすーちゃん。ふたりはヨガの帰りに一緒にお茶をするようになります。

結婚、子ども、老後のこと。35歳、独身のすーちゃんの悩みは尽きません。

結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日
著者:益田ミリ

「すーちゃん」から数ヶ月後のお話

店長になったすーちゃん。
「すーちゃん」で職場での立場についても悩んでいたりもしましたが、店長になったことでそのあたりについては吹っ切れた印象です。

今回のテーマは「結婚と老い」。
このまま1人で歳を重ねて老人になったあとの不安です。
遺言書の書き方の本を買ってみたけれど、すーちゃんは気付きます。不安なのは死んだ後じゃなくて、年老いた自分。

子どもの頃は「将来なにになりたいのか」と聞かれたけれど大人になると聞かれない。でも自分は完成したおとななのだろうか。

悩んでもしかたのないことのようですが、独身で結婚の予定もないと行き着く悩みでもあります。
仕事と家の往復をするうちに人生がどんどん進んで行ってしまう。子どものころはあった、明確な成長を感じることも少なくなりますからね。

さらに、明確な答えなんてないことだからこそ、頭の中を占領しやすいのです。
考えてもすぱっとした解決策なんてないので、その思考に「おしまい」とできないんですよね。解消できない悩みっていうのはだいたいがそういうものです。

新キャラクターさわこさん

さわこさんはすーちゃんが以前働いてたお店の社員さん。今は本社勤務です。すーちゃんより年上の39歳。独身で、実家でお母さんとおばあちゃんと3人暮らしです。おばあちゃんは寝たきりでおかあさんとさわ子さんが介護をしています。

彼氏がいないことが目下の悩みでしたが、同僚からの紹介でついに出会いが訪れます。
悩んではいるけど、芯がしっかりしていて焦らないさわこさんはいいよね。こういう直感的な判断て大事。

すっごい共感したのが、仲のいい同僚との会話で「生理が重い」という話をしたら「こどもを産めば軽くなるから早く産んじゃえばいい」的なことを言われるシーン。
これをさわこさんは「同性からの軽いセクハラ」と表現していてわかるわーと。

これリアルに言われたこと数回あるからね……。「早く結婚すれば」と同義なんですが、そこをすっ飛ばして「子ども産めば」となると、なんか表現ソフトにした感じを受けるんでしょうかね。
うん、嫌な言葉。

結婚したまいちゃん

結婚して現在妊娠中のまいちゃんも少しだけ登場します。
まいちゃんもすーちゃんも、お互い少しだけ変わっています。

すーちゃんはまいちゃんの赤ちゃんの話に合わせてちょっと疲れちゃったり。
まいちゃんはすーちゃんが気を使っているのにきづいていたり。

女性は特に、置かれた環境での変化が激しいから、なんかこの辺のやりとり分かる。すごくわかる。
わたしはすーちゃん側ですが、その時のタイミングでの話題って気を使うよな……と思うんですよね。相手からしたらそうでもないのかもしれませんけど。

「結婚と老い」についての答えはありません

出産するまいちゃんがいて、自宅で寝たきりのおばあちゃんの介護をするさわこさんがいる。
すーちゃんが「夫の親の介護」ついて考えてることも分かるんですよね。独身だからこそのわがままさでもあるのかもしれませんが。

この漫画のシリーズの根っこは「共感」です。
自分も思うことが描かれていて驚くと同時に、みんな引っかかるところは一緒なんだな、というある種の安心があります。

考えても答えは出ないことだから、悩むより行動しろ、てことなのかもとも思うんですよね。

1作目「すーちゃん」の感想記事はこちら

独身30代の悩みが詰まってます。

漫画の「すーちゃん」はまだ続いていて、この他に2冊出ています。

すーちゃんにも色々と転機があるようです。
書店でお探しの場合は、幻冬舎文庫の棚をお探し下さい。
漫画のところじゃなくて小説と一緒に並んでいる可能性の方が高いです。

-, 漫画