つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

【映画】スピーシーズ4 新種誕生/シリーズもついに4作目。グレードダウンしつつもまぁそれなり。

2017/01/19

昨日は1作目で翌日4作目なのはアマゾンプライムだからです。2と3は今度改めてレンタルしてきます。観たはずなのにほとんど覚えていませんでした。記憶力が壊滅状態。

このシリーズはエロ系SFホラー的な作品で知られていますが、改めて観てみると主演女優さんが惜しげもなく脱いでくれるという点はあるものの、そこまでエロス展開ではないんですよね。
しかも女優さんたちが美しいのとスタイル抜群なのが相まって、そこまでエロくは感じません。不思議。男性だとまた違う感想なのかな。

ということで、このシリーズを見る人間の目的はだいたい

「美人のヌードをエイリアンとの攻防をスパイスにしてぼーっと観れる映画」

というところでしょうか。何やら重いテーマとか、ややこしいトリックとか伏線とか、そういうものはなし。だいたい予想した感じに話が進むから、安心して観れますね。疲れている時に最適かも?

今回の主人公ミランダも美しい。ジャケット詐欺ではないのでそこは期待してOK!

あらすじ

大学で教鞭をとっていたミランダは、恋人とデートに出かけた翌日意識を失った状態で発見され病院に搬送されます。連絡を受けた叔父のトムは慌てて病院に向かいますが、すでにそこでは殺戮が行われた後でした。
ミランダは研究によって産まれたエイリアンとの混合種だったのです。トムはその研究に携わっており、幼かったミランダを極秘に引き取り家族として育ててきたのでした。

ミランダの体調は戻らず、エイリアン化が激しくなっていきます。これまではトムがそれを抑える注射を打っていたのですが、その効果も薄くなっていました。トムは同じ研究をしていたフォーブスを探すことにするのですが、そんな彼らをミランダと同じエイリアンが狙っており……。

スピーシーズ4 新種誕生

2007年 アメリカ
監督:ニック・ライオン
出演:ヘレナ・マットソン、ベン・クロス、ドミニク・キーティング

※ネタバレ注意

まさかのスピーシーズで家族愛

回を重ねるほどにチープさが増すのは致し方ないところですが、4作目は登場人物たちもちょっと毛色が変わってまして、そこはよかったなと思ったんですよね。

ミランダは自分が作り出されたエイリアンとのハーフだと知りません。大学で教鞭をとり、その優秀さを買われハーバードに呼ばれるぐらいの才女。
唯一の家族の叔父のトムとも本当の親子のような関係性です。あるきっかけでエイリアン化し無意識のうちに殺戮を重ねてしまいますが、人間の姿に戻ったミランダは理性を失ったりはしません。

トムから事実を告げられショックを受けるものの、彼への信頼と愛情は揺らぐことはないのです。そして彼女を必死に守ろうとするトムもまた、ミランダを実の娘のように思っています。その結果彼女を助けるために、葛藤しつつも犯罪に手を染めてしまうのです。

まさかスピーシーズシリーズで親子愛が描かれるとは思っていなかったので、意外でした。
さらにエイリアンになろうと、理性をなくそうと、トムの中でミランダは大事な娘でしかないというのが新鮮。それゆえにあちこちに大迷惑をかけるのでシャレにはならないんですけどね。

メキシコ、エイリアン増え放題

トムがミランダを助けるためにすがった相手がフォーブスなんですが、かなりのくせ者。頭はいいけど行動が酷い。

その頭脳と研究成果を生かして、独自にエイリアンとのハイブリットを生み出し、死んだものを生き返らせる商売をしています。さらに自分好みのエイリアンを作って側に置いていたりして、欲望のままに生きてるっていう印象。

一応トムにも同僚だったという情があるのか、ミランダを助けるために手を貸してくれます。
ただそのおかげでミランダはエイリアンの方の意思が強くなり凶暴化。繁殖のための交尾の相手を捜すようになってしまいます。

命は助かったけど大問題発生です。

エイリアンVSエイリアンのキャットファイト

トムが助けを求めたフォーブスが作り出したエイリアン女子アズーラと、ミランダのキャットファイトが今回の見所でしょうか。

ミランダも美人でしたが、わたし的にはこアズーラの方も好きです。なぜかシスターの姿で登場する彼女の、コスプレ感満載の違和感にぐっときた。ゲームのキャラとかだったら人気出そう。
エイリアンに意思なんてないと思っているフォーブスですが、アズーラの微妙な表情や行動から、彼に対してちゃんと好意を持っているのが分かります。彼女は彼女で、今の生活を守りたいのです。いじらしいじゃないか!

しかし残念なのはラストのエイリアン同士のキャットファイト。
エイリアンVSエイリアンという大事なシーンにもかかわらず、どっちも変身後だから見分けがつかない! その上CGがイマイチなせいでバトルもしょぼい! もっと景気良く触手を伸ばしてジャイアントスイングぐらい見せて欲しかったです。

酷評されてますしその理由も良くわかります。
そうは言いつつ、スピーシーズシリーズを4作目まで見るわけで、結局こういうのが好きってことなんですよね。たぶん5作目でたら観ます。

-映画, 洋画
-