つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

漫画

【漫画】切子/「ハカイジュウ」の作者が描く。忌まわしく変貌する同窓会

2017/01/19

「ハカイジュウ」で有名な作者の1冊で完結する短編ホラーです。短編といっても1冊丸ごとこの話なので、ちょうどいいぐらいのボリュームでした。

中学の同級生の美少女の自殺の謎をベースに、廃校で行われる殺戮が展開します。
ガチホラーですので、誰が殺しているのか、なんてことは問題ではありません。異形の殺戮者のルックスがまた濃いので印象に残ります。

サイコホラーかと思いきや、日本では珍しいモンスター系の流れに近いですね。まぁ作者が「ハカイジュウ」の人なのでさすがです。

あらすじ

中学生の頃に自殺した同級生・切子の17回忌もかねた同窓会に招待された良介。
当時同級生は7人しかおらず、学校はすでに廃校になっています。1人が遅れるものの、会は思いで話で盛り上がります。しかし、内心良介は切子の自殺の原因を突き止めようと決意して会に参加していました。

招待状の送り主は「K」とだけ記述があり、みんな送れている加藤が幹事だと判断していました。
雨が強くなる中、最後のひとりが到着。しかし、到着した加藤は自分も招待状を受け取ってここに来たと話します。

ようやく全員が揃ったところでしたが、そこにトイレに行っている理緒の悲鳴が響きます。探しに向かった良介たちが見たのは無惨に殺された理緒の姿でした。

切子/本田真吾

人間関係が酷い

同級生が7人で現在はもう廃校になるような学校なのに、どうにもえげつない人たちが多くて、げんなりします。田舎だからって牧歌的とは限らないっていう……ね? まぁそういうもんだ。
オチを知ってから冒頭を読むと彼らの人間性がよくわかります。

登場人物は、主人公の良介、ヒロインのみずほ、IT社長の和哉、キャバクラで働く理緒、作家の英孝、自称ミュージシャンの正雄。
一見みんな成功を収め、それなりに充実した生活を送っているように見えます。しかしそれにも裏があったりします。

まぁ、学校卒業以来会っていない同級生になんて、だいたい当たり障りなく盛るのも理解できますね。わざわざ引かれるような本当のことを言う必要もないですから。
この人たちの場合、それぞれの性格がネックになってそういうところすら「うわー……」と感じさせるものになっています。

1冊完結で読みやすい

残念なのは、少々ありがちなオチなところ。もうちょっとシャープにしてグロ要素をソフトにすれば「世にも奇妙な物語」とかにありそうな話です。切子が死んでしまった原因も案の定、というところでそこまで意外な話でもなかったかな。
謎解きよりもあれのおぞましさがメインなので、そのへんを突っ込んでもヤボですかね。

1冊で完結しているので、読みやすくてお手軽です。
Kindle Unlimited対象なので、申し込んでいる方は気軽に読んでみてもいいのではないでしょうか。

-, 漫画
-