つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

漫画

【漫画】潰談/双一も登場! 伊藤潤二の恐怖短編集。

2017/01/18

こちらは短編集で、双一シリーズが2作品ある意外は、完全に独立した話です。短編の上手さは本領発揮という感じで安心して読めます。

わたしのお気に入りはタイトルにもなっている「潰談」です。

潰談/伊藤潤二

どの話も「一体どこから思いつくんだ……」と溜息が出るほどに独創的。他の追随を許さないオリジナリティはさすが。
ということで、各話のあらすじを簡単にご紹介。

収録作品とあらすじ

双一前線

日本各地を旅してある家族を捜している路菜。彼女が探すのは幼い頃に一緒に遊んだ親戚の辻井一家を捜しています。
ある旅館に泊まった路菜は、そこの小学生の息子が口に釘をくわえているのを目にします。辻井家の双一とそっくりな少年は、お化け屋敷に行ってからこのように変貌してしまったというのです。路菜はそのお化け屋敷を探さがすことにするのですが……

双一の愛玩動物

双一の姉のさゆりが猫を拾ってきます。コロンと名付けられた猫は家族に可愛がられ、すくすくと育ちます。しかし、自分に懐かないコロンに双一は強硬手段に出ます。日に日に変貌していくコロンに不安を抱く家族でしたが……。

こちらは小学生の頃の双一の話。コロンがかわいいです。猫って変なもの拾ってくるよね……。

合鏡谷にて

川を挟んだ峡谷の麓に、2つの村がありました。すでにどちらも廃村になっています。それを調べにやってきた岡村たちは奇妙なものを目にします。村中に鏡がくくり付けられているのです。それはお互いの村に向けられており、今はすべて割れてしまっています。
元はひとつの村だったのですが、内部で対立が起こり分裂。長く対立が続いていたそうです。しかし、あるとき2つの村から人が消え失せ突然廃村となったというのです。
岡村はこの鏡がその謎を解くヒントだと考え、ある実験を施すのですが……。

幽霊になりたくない

深夜に帰宅中血まみれの女性を保護した茂。彼女を車に乗せ病院に運びましたが、彼女は怪我をしておらず警察を呼ぶことになります。
無関係だった茂は事情を聞かれてすぐに解放され自宅へと帰ります。
数日後、茂の元にその彼女が現れます。
美咲と名乗った女性は、自主映画の撮影の特殊メイクだと説明し、安心する茂。その後、茂は美咲と浮気をするようになってしまいます。

自分のどこが良かったのかと問う茂に、美咲は茂にたくさん背後霊がついているからだ、と話します。
そのまま眠ってしまい、目覚めた茂が見たのは、あの時と同じく血まみれの顔で眠る美咲の姿だったのです……。

蔵書幻影

香子が結婚した白崎五郎は大邸宅に住んでおり、その家には沢山の蔵書であふれていました。五郎は莫大な量の蔵書をきっちりと把握しており、すべての本を読破しています。
結婚してしばらくたつと、彼の蔵書に対する執着の異常さが表れてきます。

闇の絶唱

路上ミュージシャンの歌を聴いてから、その曲が頭から離れなくなってしまった珠代。頭の中で音楽がなり続け、その夜は一睡もできませんでした。
それが1ヶ月以上も続き、神経科に通って薬を貰っても解放へは向かいません。

別の音楽で気を紛らわしているところ、ラジオからあの歌が流れてきます。その路上ミュージシャンはスカウトされ、CDデビューしていたのです。手がかりを探るために彼女のライブへ出かける珠代。しかしステージで歌う彼女は常軌を逸しており……。

潰談

杉男はジャングルから帰還した友人の尾木から、そこに住む部族から土産で貰ったという蜜が入った壷を見せられます。
現地の人々が命がけで採取すると言うその蜜は大変貴重で、神がかった美味さです。それを舐めるのにひとつだけ注意がありました。それは「気付かれないように舐めること」。

蜜を舐めてから、他の食べ物が味気なく感じるようになった杉男は、友人たちを連れて尾木のもとを訪ねます。尾木は不在で、窓から忍び込んだ5人は蜜を舐め、みんなで分けようと話し合います。
妙な臭いに気付き、隣の部屋を見てみると、壁一面に何かが叩き潰されたようにへばりついているのです。周囲に飛び散っているものは血液と思われ、つまり、その潰されているものは尾木のようで……。

伊藤潤二特集みたいになってきました

連日伊藤潤二作品の記事を書いていて、つくづく思うのですが、文章じゃあ魅力の数パーセントしか伝えられないと言うこと。
あらすじを書いても、この漫画たちの魅力はここじゃないんだよ! となってしまうジレンマ。

この短編集は幅広くて読みやすい形式なので、お気軽に手に取って欲しいです。

釘をくわえた陰鬱な少年、双一君シリーズは、毛色の違う2作品。
一作は続・お化け屋敷の謎となっています。大人になった双一が家族を洗脳してお化け屋敷を経営しているという話。前にも別の本で書かれています。大人になった双一が意外と普通に思えるのは、お兄ちゃんがあんな有様になってしまったからですかね。双一はやっぱり面白い……!

わたしのイチオシは「潰談」。
なにが好きかというと、バシーンと潰された人の丁度真ん中に、その人の持ち物とか野痕跡が残ってたりするんです。メガネとか、持ってたボトルとか。それのハートの髪留めの奴がツボで、おぞましくも笑える一コマです。潰れた中央にちょんと残ったハートがなんかもう、場違いすぎて笑えちゃうんですよねー。ぜひコマでお確かめを!

-, 漫画
-