つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

ゲーム

【ゲーム】サイレントヒル2/死んだはずの妻からの手紙。妻を捜し、思い出の地でさまよう男がたどった結末は……?

2016/12/12

シリーズ内では最高傑作。サイレントヒルという街、登場するキャラクター、襲いかかるクリーチャー、すべてに意味があります。待ちそのものもけしてただの背景ではありません。壁の落書きや写真、飾られた絵などから推測できることも多く、語られないキャラクターのバックボーンの手がかりをえることができたりもします。

街に根付いた宗教をメインにした1作目とは異なり、宗教色はかなり排除されています。主人公ジェイムズに寄り添う物語が迎える結末には、恐怖だけではない感情がこみ上げてくるはずです。

ストーリーもキャラクターも完璧。これを丁寧に映画にしてくれる人はいないのか……。

あらすじ

死んだはずの妻メアリーから「思い出の場所であなたを待っている」という内容の手紙が届き、ふたりの思い出の地であるサイレントヒルを訪れたジェイムズ。メアリーが亡くなったことは頭では理解しているものの、それでもこの手紙を信じてこの地にやってきました。

街は霧に覆われ、人の姿は見当たりません。手がかりを探して街をさまようジェイムズは、そこで異形のモンスターと遭遇します。

モンスターを倒し、メアリーの手がかりを探して街を探索するジェイムズの前に、メアリーとそっくりな女性、マリアが現れます。戸惑うジェイムズにマリアは同行を申し出て……。

死んだはずの妻からの手紙にすがる男、ジェイムズ

ジェイムズはメアリーがすでに亡くなっていることは受け入れています。そうでありながらも、死んだはずの妻からの手紙を無視できずにサイレントヒルへとやってきました。そこで探すのは妻の面影。どこかにメアリーがいる、と信じて彼は街をさまよいます。果たして正気なのか、狂気なのか、プレイヤー側も判断に迷います。

登場人物はジェイムズの他に、メアリーとそっくりな謎の女性マリア、メアリーと友達だったと言う少女ローラ、何か暗いものを抱えるアンジェラ、気の弱いエディー。

モンスターを倒し、先に進むジェイムズの前にメアリーと瓜二つのマリアが表れ、ジェイムズは動揺します。彼女は一体どういう存在なのか疑問に思いつつも一緒に先に進みます。マリアも自分については多く話しません。

それでもそのまま一緒に行動するジェイムズの姿は、大事なことから目を背けているようにも感じられます。

そして、アンジェラやエディはどうしてサイレントヒルを訪れたのか。物語が進むごとに彼らの事情や本性に触れることになります。

立ちはだかる最強のモンスターレッドピラミッドシング

サイレントヒルシリーズでも屈指の人気クリーチャー、三角頭ことレッドピラミッドシングはここで登場します。
ジェイムズを執拗に追い、何度もマリアを殺しにくる三角頭の存在感は抜群。人気になるのも頷けます。

サイレントヒルの資料館の絵画にその姿は描かれています。昔、サイレントヒルで罪人を処刑する際に三角形の兜のようなものを刑を執行する者が被ったとされています。その姿を模して現れたクリーチャーと考えられます。
彼がどういう存在なのか、その登場のしかたを見ればだんだんと理解できるようになっています。

サイレントヒル2に登場するクリーチャーたちはどれも隠喩的なものが含まれており、どこか直視しがたい姿をしています。
こういうのを直接的に説明しないところも、またサイレントヒルの魅力ですね。

結末にたどり着く前に、ジェイムズの真実をうっすらと察することができる

この作品のすごさは、結末に至る前にジェイムズの真実が察せられることです。
しかしそれでも、プレイヤーはジェイムズとともに、それを受け入れるために最後の扉を開くことになります。

サイレントヒルはアクションゲームであり、謎解きのゲームです。ですが、最後にメアリーと旅行した思い出の場所であるホテルまでたどり着いたときには、目的は変わっているでしょう。
すべては、彼の迎える結末を見届けるために。

サイレントヒルという場所の持つ力

ジェイムズ、アンジェラ、エディーの3人がなぜサイレントヒルに来ることになったのか。ゲームの中でははっきりと言及されることはありませんが、ある程度推察は可能です。

そうすると、サイレントヒルという場所の持つ力の不可思議さが際立ちます。
元々が先住民族の聖地だったという場所らしく、土地そのものになにか力があるのでしょう。聖地でありながらも、その後その土地で起きた出来事のせいで歪んだ方向に育ってしまったのかもしれません。

ゲームの場合、続編を望むことが多いです。面白ければ面白いほどに。
ですが、このサイレントヒル2に関しては、続編を望むことはありません。彼らの物語は完結しており、ここから付け足されるストーリーを必要としてはいないのです。

ナンバリングで続いているタイトルですが、3は1の続編で、4は独立した話です。

関連記事リンク

-ゲーム
-,