つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

【映画】グレイヴ・エンカウンターズ2/やっちまった続編。1作目面白かったのにー!

2016/12/12

批判もあった1作目でしたが、わたしは思いのほか楽しめました。

その正当な続編ということで、期待値を上げつつ挑んだら見事にスッ転んでくれた2作目です。1作目の良かったところを塗りつぶす勢いで、びっくりしますね!

多分序盤でかなり萎えるはずですので、そこは覚悟して本編ご覧下さい。一応観とくかポジションの映画で、別に観なくても問題ありません。あーあ。

あらすじ

映画学校の学生で監督志望のアレックスは、「グレイヴ・エンカウンターズ」の批評動画をネット上にアップしていました。そこへコメントで、映画の未公開映像が送られてきます。
気になったアレックスは、映画について調査するうちに、あの映画は実話ではないかと考えます。撮影に関わったスタッフは全員行方不明になっていたのです。
撮影に使われていた実際の病院を探し出し、そこで同じようにドキュメンタリー映画を撮影しようとするアレックスですが……。

グレイヴ・エンカウンターズ2

2012年 アメリカ・カナダ
監督:ジョン・ポリカン
出演:リチャード・ハーモン、リアン・ラップ、ディラン・プレイフェア

※ネタバレ注意!

続編作って失敗したー!! これはダメなパターン!

今回の主人公グループは、映画学校の学生たち。そう、わたしの大嫌いなうるさい系登場人物が山盛りです。うわー、開始5分で見るの止めたくなりました……。
その辺については後に書きます。

前作の「グレイヴ・エンカウンターズ」を酷評した動画をアップしていた主人公に、映画の未公開動画と思われるものが送られてくるのをきっかけに、主人公があの映画は事実だと確信していく話です。

その過程も荒くて、もうちょっと事前調査で事実がいろいろ出ていく過程を丁寧にやってほしかったです。
撮影に使われた建物にもう一度今回の主人公たちをぶっ込みたい、というのは理解できるし、そういう展開になるのも読めます。でもだからこそ、この辺の粗さが気になってしまいます。

どうせまたあの病院に行くのは分かってるので、前半本当に観るのが苦痛になるレベルでした。

前作を踏まえて、「あれは実話だぜ」というしかけですが、なんかもう前半でやる気がゴリゴリ削られていくので、かなり逆効果な映画なのです。

前作以上に退屈で鬱陶しい前半30分

ホラー映画のダメなセオリーをぶち込んだ前半でした。
映画学校のバカのはしゃいだハロウィンパーティーの色々と、主人公が撮影している映画のクソみたいな映像でかなりやる気を削がれます。ぶっちゃけ早送りしたよ……。

その前半でかなり嫌な予感がプンプンしていました。
何しろ主人公は自意識過剰な男だし、その彼女はキャーキャー言って泣くタイプだし、友達のスマホカメラマンはどうでもいいところで強気のバカだし、期待しろっていうほうが無理でしょう。

1作目が面白かったのになんかすごく台無しになっちゃって。
こんなのディセント2以来のがっかりだよー。

そんな前半が終わって、やっとこ精神病院にやってきました

前作を踏まえて同じ部屋同じ場所にカメラを配置していきます。続編としてはこういうシチュエーションをかぶらせてそこからさらに新しい展開が……と思わせてそんなものは何もなかった!
前と同じく設置して早々に撤収。回収してる最中に1人が襲われるのも大して変わりませんよ。その上前ほどひねったこともせず、あっさり落下して死亡。えええええ。

わかりやすいのはこういう襲われるシーンですね。
前よりあからさまで、ひねりも薄いです。うーん……。

外国のホラー映画はウィジャボードが大好きなようですね。
そこで彼らを呼び出したのはここにいる何かの存在だと判明します。すげーなネットに繋がるのか。

医者たちの様子から、どうも悪魔的なものを呼び出しているのはわかりました。儀式より、隠れてるのにしゃべってる危機感薄い2人が気になる。怯えてるなら黙れ。

病院の中で9年も生きてた?!

前作の主人公が登場して、9年もあの中で暮らしているという衝撃の事実。いや、なんで生かしておいたのよ……。

彼は完全におかしくなっていたわけですが、せっせとこの病院の地図を作り、変化の法則まで掴んでいます。今やすっかりネズミの捕獲にも慣れており、今回もむしゃむしゃシーンを見せてくれます。もういいよ。

ラストの方では、何らかの力が働いて主人公たちが格闘していてもカメラが自動で撮影してくれています。

ソウダヨネー、格闘してたら撮影できないもんネー。

POVのプライドがカメラの浮遊とともにどっかに飛んで行った瞬間でした。

この病院にいる何かは、「すべて撮れ」というメッセージ通り、ここで起こることをすべて撮影し、それを外で公開して欲しいそうです。凄まじい承認欲求。1作目がイマイチな評価だったのがご不満だったみたいですね! なんだそりゃ。

1作目、面白かったのになぁ

ということで、1作目を楽しく観たわたしとしてはかなり不満の多い2作目でした……。
せめて主人公たちのキャラクターをどうにかしてくれたら良かったのにー。

続編はクソ、のセオリーにどっぷりハマった結果となりました。

2だけだとちょっと意味不明な部分も多いので、1もおすすめしておきます。

-映画, 洋画
-,