つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 邦画

【映画】CURE/それは癒しか殺人教唆か。謎が多すぎて頭が追いつかない! 

2016/12/11

観終わった後も多くの謎を残し、グルグル考え込んでしまうこと間違いなしな映画です。しかしそれでも面白い! 色んな意味を考察しつつ、もう一度観てみるのもいいと思います。

スッキリ解決して終わる映画を求めている時はおすすめできませんのでご注意下さい。

サスペンス系は犯人がはっきりしていることが多いので、怖いという感想を持つことは少ないのですが、この映画は背筋が寒くなります。

あらすじ

被害者を殺害したあと、首元をXに切り裂く殺人事件が起こります。犯人は捕まったものの、切り裂き方がまったく同じ殺人が続いており、刑事の高部は事件に関連性がないかを疑っています。
しかし、逮捕された容疑者たちに共通点はなく、全員が殺人を認めています。

それぞれの犯人が捕まるものの、次々と起きる同じ手口の事件に、高部は催眠術による暗示を疑います。

同じ手口で同僚の警察官を殺害した男を取り調べた高部は、犯行を行った男の行動に何らかの催眠が絡んでいることを確信します。
彼が同僚を殺害する直前に会っていた男が、記憶障害で病院に連れて行かれたことを突き止めた高部。間宮というその男は記憶を失っており、まともな会話になりません。

しかし、彼に会った者が直後に殺人を犯していることから、事件への関与を確信します。

CURE

1997年 日本
監督:黒沢清
出演:役所広司、萩原聖人、うじきつよし、中川杏奈

※ネタバレ注意

癒しがもたらす殺戮?

「CURE」とは「癒し」という意味です。
ここに登場する間宮は記憶を失っていますが、彼には明確な目的があります。対話を通して、相手の底にあるものを引き出し、解放させるのです。
何人目かの対象だった女医で彼がどう暗示をかけているのかが明らかになります。

「あんたの話が聞きたい」と注意を向けて、相手の持っている黒い部分を引っ張り出しています。
女医は男社会で医者を目指した時に感じたことを思い出させ、男の体を切り裂く欲を刺激します。同僚を殺した警官は取り調べで日々積もっていた相手への鬱憤を爆発させたことを話します。

間宮は話す相手のもつ膿のような感情をふきださせることで、癒そうとしているでしょう。しかしそれは結果的にその対象を殺すことになり、平静を取り戻した加害者(催眠を書けられた方)は錯乱する者もいます。
これは果たして癒しなのか。

面白い、面白いのだが、分からないことが多すぎる!

観終わったあと、あまりにも謎が残りすぎてしばらく考え込み、あちこち考察記事を読んでみて片鱗は理解できた気もします。
しかし、全体としてはやっぱりよく分かりませんでした。

分からないから面白くないというとそういうわけではありません。

間宮に出会ったことで、解放されていく高部の姿は複雑です。
まっとうな刑事として事件を追う前半の高部は、病気の妻を抱え、事件も理解不能で混乱を極めています。
しかし、後半間宮と何らかの意思疎通を得たあと、彼は何かを悟ったかのように落ち着いています。親友の佐久間が自殺しても顔色ひとつ変えていません。

そして最終的に、すっかり解放されたような表情でファミレスで食事を完食する高部の姿がありました。
中盤、悩みに悩んでいる彼は、同じファミレスで頼んだ食事にほとんど手を付けないまま下げてもらっています。比べなくても分かるほどに雰囲気が変わっています。

高瀬は間宮に会ったことで何かを解放され、彼の後継者とも言える立場になったのでしょうか。間宮は死にましたが、高部が行ったファミレスでまた惨劇が起きる予感を残して映画は終わります。

前半の閉塞感いっぱいの彼を思い返すと、解放されて良かったんじゃないのか、とも考えてしまいます。
しかし、ファミレスでは高部は間宮のように対話で相手に暗示をかけるというようなことはしていません。つまり彼が後継者となったのであれば、間宮よりもよほど強力な催眠を扱えるということです。彼が間宮を殺害したあとに聞いていた録音機の内容が関係しているのかもしれません(全然聞き取れない)。

妻を殺し、間宮の行ってきた解放を続ける高部はこの先どうなっていくのか。
間宮以上に恐ろしさを感じます。

色々考えて調べてもなお残る謎

催眠に関してや、猿のモチーフ、なぜXに切り裂くのか、などなど掘ればきりがない謎、謎、謎!

分からないと切り捨てずに、ちょっとそっち方面掘ってみても面白いかもと思いました。
黒沢監督の映画は象徴的すぎて分からない部分も多いです。
「回路」もノベライズ本を読んで理解したこともあったりしたので、こちらも本を読んでみたいですね。

あれだけクローズアップしているんだから、青髭もなんかの隠喩的に絡んでいるはず……なんだけど、お話でだぶる部分がないんですよね……。なんだあれ、どう関係するんだ……。

分からない映画は考察記事を色々読んでみるのをおすすめします。かなり前の映画なので、すっごい考察記事が沢山あります。
ただ見ていたら分からなかったことがいっぱい知れて面白いですよ。

黒沢清監督の作品の記事はこちら

-映画, 邦画
-