つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

【映画】ディープ・インフェルノ/パナマの密林でUMAが出現?! 襲撃動画がSNSで拡散!

2016/12/11

モンスターによる殺戮動画がSNSで拡散?! というなかなかにそそる煽りが入っている映画です。「一味違ったPOVが出てきたか」と期待値を上げていくと大分肩すかしを食います。

よくあるB級ホラー映画。目新しい感じはあまりありません。生温い目で見守りましょう。

あらすじ

友人同士でパナマに旅行に来たスコットたち。
現地の観光情報を調べていて、宿泊している場所から1時間ほどの場所に密林が広がっていることを知ります。そこでは行方不明者が多発しており、現在も見つかっていないようです。

現地で知り合ったカルメンから、そこに魔法の滝があると教えられ、興味が湧いた彼らは翌日その滝を探しにいくことにします。しかしカルメンの友人のフリオは猛反対。伝説はあるが、それ以上に危険な場所だというのです。フリオの話すことを大げさだと信じない彼らは、カルメンの案内でそのまま出発してしまいます。

無事に滝にたどりつき楽しんでいた彼らですが、周囲に何かの気配を感じ確認しに行ったところで、ひとりになったカルメンが消えてしまいます。周囲で彼女の所持品を発見するのですが、カルメンの姿は見当たりません。
森から抜け出すために外部と連絡を取ろうと高台を目指し歩き出す彼らに、森に潜む何者かが襲いかかります。

ディープ・インフェルノ

2014年 アメリカ
監督:アラスター・オア
出演:ザカリー・ソエテンガ、リンジー・マッケオン、ソフィア・パーナス

※ネタバレ注意

またいつものリア充爆発映画かー、と思いきやそこまでリア充でもなかった

大学を卒業して社会に出る前に楽しもうぜーというリア充感満載のスタート。お前らみんな爆発チクショウとか思っていたのですが、そうでもありませんでした。女子2人は順風満帆という風情で未来が開けていますが、男性陣がそこまでじゃないもよう。なにしろ主人公は卒業するものの進路未定。一気に親近感が湧いてきます。

とは言ってもなんか鼻につく感は否めないキャラクターたちではあります。
何しろ卒業旅行でパナマに行ってウェーイできるわけで、そこまで危機感のある感じではなさそうです。

ホラー的にはこの先酷い目に遭うのが分かっているので、生温い目で見守るばかりです。ウェーイ。

チマチマ襲いにくるディセント的アレ

オレたち親友だぜ、みたいな奴らなのに脅威から逃げるときは早々に人を置いて行ってしまう薄情さ。

どうやら敵は1人みたいだし、5人束になってかかれば返り討ちぐらいできそうですけど。あれだけ襲われているのに、その辺で木の棒とか拾ったりしないのでしょうか。お前ら、ちょっとはディセントの女性陣を見習いたまえ……。

ジャケットだと大量にいるっぽいですが、出てくるのは1体のみです。集団で襲われるんならともかく、たった1匹にビビりまくるっていう……。いや、殺人鬼に対してだってみんなもう少し善戦すると思うんですが。

襲われ動画がSNSで拡散!

SNSに動画をアップすると自動で友達に送信されるというスコットが作ったアプリのおかげで、全世界に拡散される襲われ動画。
あのクオリティだと信用されないんじゃないのっていうレベルですが、実際行方不明になっているおかげでちゃんと救出隊が派遣されます。ヨカッタネ。

てっきり、動画は拡散されたけど信じてもらえずバッドエンドになるかと思ってました。で、真に受けた人が独自にやってきては襲われるっていう負の連鎖になるとばかり。

あげくの果てに、ヘリに接触して助かるーっと思った女子が生中継で襲撃に遭う悲劇。すぐに降りて助けてあげれば良かったのに、テレビの人の指示は非情ですね……。なんかそういう皮肉込めてるんですかね。

全滅しないんかい! 助かっちゃったよ!

主人公カップルだけが助かってメデタシメデタシ。
チュパカブラ(?)が実在したっていうんで、全世界でUMAの目撃情報がさらに増えましたという謎のオチまでついて、終了。

うーん、なんかどこにも振り切れてなくて中途半端なB級になってしまいました。
いっぱい襲われるんですが、グロ描写もイマイチです。POVじゃないのに、襲われるとき毎回凄まじい手ぶれで何がどう襲われているのかが分かんないんですよね。まともに映されてたのは骨折(2回)ぐらいでしょうか。ああ中途半端。

-映画, 洋画
-