つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 海外ドラマ

【海外ドラマ】FRINGE フリンジ/飛行機の乗客が全員死亡して着陸。ただのテロ事件ではない!

2016/10/24

FBIの捜査官が直面する不可思議な事件を、フリンジ・サイエンスを専門にする天才科学者の協力で解決していく海外ドラマです。

一般的には非科学的な理論を、あくまでも科学的に解明したり実現したりするという荒唐無稽な話ですが、妙な説得力があります。次々起きる不可思議な事件が魅力的で、一気に引き込まれてしまいます。

フリンジ シーズン1〜シーズン5(完結)
出演:アナ・トーヴ、ジョン・ノーブル、ジョシュア・ジャクソン

あらすじ

乗客全員が溶け出し、骨だけになってしまった状態で飛行機が着陸します。凶悪なテロ事件として捜査することになり、現場へと向かったオリビア。

現場を仕切る国土安全保障省のブロイルズの指示で、同僚であり恋人のジョンとともに手がかりの倉庫へと向かいます。そこで起きた爆発で薬品を浴びたジョンが、原因不明の昏睡状態に陥ります。ジョンの皮膚は透明化しており、命の危険があります。

オリビアはジョンを救うための情報を探るうち、ウォルター・ビショップ博士にたどりつきます。博士はかつて政府で特殊な研究をしており、その過程で起きた事故で助手が亡くなり、責任を問われ現在は精神病院に収容されているのです。

彼の協力を取り付けるために、唯一の家族である息子のピーターに接触。半ば脅迫して彼を父であるウォルターの元へと連れて行くのですが……。

世界中で起きている不可解な事件「パターン」

ブロイルズはこの飛行機の事件はただのテロ事件ではないと考えています。
世界中で起きている不可解な事件を「パターン」と呼び、内密にそれらを捜査しています。

基本は1話完結形式で話が進みます。
メインになるのはパラレルワールドとして存在するもうひとつの世界との関係。本来干渉しあうはずではなかった世界が互いに認識しあい、接触することで事件が起きたりもします。

「パターン」の事件を追うと、だいたい博士の実験にたどり着きます。「またお前の研究が発端か!」と突っ込みたくなってきます。

ビショップ親子による高度な漫才

長年の精神病院生活でウォルターの精神は大分ぐらぐらしています。息子のピーターは完全に父親を「いかれてる」扱い。父親に対してはかなり思うところがあるピーターの父に対する態度はかなり冷淡であるともいえます。

ウォルターはそれでもやはり息子が大事で、彼との生活に少々浮かれているともいえます。

突飛な言動を繰り返す父に振り回されまくる息子に同情心が湧きますが、なんだかんだ言っても、お父さんにそこまで冷たくできないピーター。

描かれている話が話だけに、博士の言うことがボケなのか本気なのかが掴みにくいです。だいたいが本気なんですが。そこにIQ190の息子の突っ込みがガンガン入ります。もはや親子漫才の域です。

チームとしてまとまってくる

回を重ねるうち、博士の思考もはっきりしてきます。オリビアたちも突飛な言動に慣れてきて「博士はこういう人」という認識が出来上がってきます。

フリンジチームはオリビア、ウォルター、ピーター、オリビアの助手のアストリッド、FBIの同僚のチャーリー、上司のような立ち位置で国土安全保障省のブロイルズがいます。

ブロイルズは最初かなりキツくオリビアに当たりますが、どうやら彼女を試していた部分もあるようです。博士を引っ張り出してきたことと、事件ヘの探究心を買われ、彼の指示で動くことになるのです。

個人的に好きなのは、オリビアの同僚のチャーリー。
彼はフリンジチームではないのですが、あまりおおっぴらに事件のことを話せないオリビアに対して多くを聞かずに協力してくれる理解者です。

オリビアの助手のアストリッドは博士のところに常駐しており、ほとんど博士の助手です。現場で走り回るオリビアと対照的に、博士と研究室過ごしていることが多く、一緒にポップコーンを作って食べたりしています。なかよしになっていくのが微笑ましいです。

謎の巨大製薬会社「マッシブ・ダイナミック社」

敵なのか味方なのか分からないのが、マッシブ・ダイナミック社。
かつて博士と一緒に研究していたウィリアム・ベルが創設した製薬会社です。ウィリアム・ベルは不在なことが多く、オリビアが訪ねると必ず対応するのが役員のニーナ・シャープ。

最新の科学技術を持っており、事件の鍵を握っていると思われる部分もあります。しかし、捜査に協力することも多く、敵対する組織なのか微妙なところをふらふらしています。

窓口になっているニーナ・シャープも多くを語らず、ほのめかす程度に話すのでなかなかじれったい。

創業者のウィリアム・ベルについても謎が多く、本編にもなかなか登場しません。博士との関係性が気になるところです。

SF混じりの犯罪捜査ドラマ

普通の犯罪捜査とは捜査方法も違います。
しょっぱなから、意識不明の相棒の夢に入り込んで手がかりを得たり、死体の網膜から最後に見た画像を抽出したり。

突飛な理論に驚きますが、あくまでも科学として描かれるのが面白いです。

シーズン5で完結しているので、そこまで長くないのが観やすくていいですよね。好きなシリーズが続くのは嬉しいけど、観るのに息切れするので……。

Amazonプライムに入っているのが嬉しい! またシーズン1から観始めています。

関連記事/各シーズンごとのネタバレ記事はこちら

-映画, 海外ドラマ