つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

【映画】リミット/箱の中の閉塞感がたまらない! ヒリヒリした緊張感がずーっと続く映画。

閉塞感がやばいので、閉所恐怖症の方にはおすすめしません。なにしろずーっと箱の中……。主演のライアン・レイノルズ以外は電話と動画での出演のみ。徹底してます。

リミット

2010年 スペイン
監督:ロドリゴ・コルテス
出演:ライアン・レイノルズ

※ネタバレ注意!

あらすじ

イラクで何者かに襲撃され誘拐されたポール。目が覚めると棺桶に入れられて埋められてしまっていました。分けがわからず混乱するポールでしたが、そのとき足下で電話が鳴ります。手元に引き寄せた携帯でなんとかして助けを呼ぼうとしますが、家族は留守電で繋がりません。会社の対応も素っ気なく焦るポール。しかしそこで、先ほど着信していた電話番号にかけてみることに。
すると電話の相手は、ポールに対し身代金500万ドルを用意するように要求してきて……。

ヒリヒリした緊張感がずーっと続く

冒頭から終わりまでずーっと棺の中です。閉所恐怖症には最悪のハフハフ映画ですね。

主人公のポールは底辺労働階級という設定。イラクまで出稼ぎでドライバーをしにきたものの、仕事中に襲撃され誘拐という悲惨な状況に。

誘拐犯へ必死に自分は軍人ではない、一般人だと主張しますが、むこうに取ってはそんなことは大したことではありません。アメリカ軍の元で働く彼らは軍人と変わらないのです。

電話の相手がどいつもこいつも……

ポール自身が余裕がないため、焦って言葉を荒げてしまうため、電話の相手が冷たい印象を受けたりもします。お役所的なたらい回しな雰囲気もあり、ポールに同情。

しかし様々な電話の中で群を抜いて酷いのが会社の人事のひと。

大事なバッテリー消費してまで聞く必要がある話なのか……と思いましたね。今すぐ電話切れポール!
絶賛人質死にかけ中(失礼)のポールに対して、あんな電話してくる会社ってどうなの。録音してたけど、こんなの法的に有効とか以前に、世間に漏れたら大バッシングが起きるんじゃなかろうか。
会社の冷淡さを表現したんでしょうが、これを記録に残す方がどうかしているのではないかと思うんですが。

結局犠牲になるのは末端の労働者

「自分には子供がいる」と命乞いをするポールに対し、「俺にだって5人いた。今は1人しかいないがな」と返す誘拐犯。この辺りのやりとりが大変皮肉で、誘拐して身代金を要求する彼らと、誘拐されたポールの境遇ってそこまで違わないんじゃないかと思うんです。

もしかしたら犯人は一般市民だったところ、子供を失い復讐のためにテロリスト(?)になったのかもしれない。そうだったとしたら、「自分は一般市民だ」「子供がいる」と主張するポールに対して、むしろ残虐な気分になってしまうのも頷けます。

負の連鎖はこうして続いて行くのか、と感じさせるシーンでした。

ただちょっと腑に落ちないのは、無差別に選ばれたと思われたポールなんですが、むこうが家族のことも住所もガッチリ把握していたということ。

調査能力考えるとアメリカにも仲間いそうだし、けっこうでかい組織的犯行と考えられます。なんか行き当たりばったりな無差別テロ的な誘拐って考えて、犯人も被害者もそれぞれの世界の下の方で働くものどうし、というイメージでいたのが話違ってきます。
同僚の浮気相手の女性まで誘拐されてるし、ポールの人間関係ガッチリ把握されてんじゃん1

矛盾というほどでもないけど、ポール狙いだったの? 無差別なの?と気になったので。

頼みの綱のFBIもどうも信用できない?

ポールの唯一の頼みの綱がこういうことの専門家のFBIのひと。
この人が後半の鍵になるわけですが、ポールに希望を与え、そしてとてつもない絶望を与える人でもあります。本人に悪気全然ない分ポール可哀想です。

どうしようもない絶望の中で、最後まであがいたポールでしたが、助かると思わせておいてまさかの別人を掘ってたというオチで観てる側は「やっぱりかー!」という気持ちに。
いや、なんか全体的に助かる気がしない雰囲気がプンプンしてたんですよね。生々しくリアリティたっぷりにやってる話なので、ここだけご都合主義的に間に合いました助けます、とはならんだろうと。

1回夢オチやったとこで「あ、これは埋まる」と感じました。
にしてもマーク・ホワイトの件はどういうことだ? 捜査官が「生きて助けた」と嘘ついたってことなのかな。最後の最後で死体を発見して落胆して、ポールにホントのこと言っちゃった、みたいな?

最後にポールに謝る捜査官のセリフが残りますね。

ヘビは別にいらなかったんじゃなかろうか……

無駄の少ない映画のなかで、唯一余計と感じたのがヘビのシーン。リアルにやっていた映画な分、ちょっとご都合主義に感じました。というかヘビがウヨウヨできるんなら、埋まっても抜け出せるぐらいの地中なんじゃないのか? 蛇もそこまで深く潜らないよね……?

蛇をヒントに抜け出すわけでもなかったし、ただビビらせて終わりかい! という……。まぁ中盤でスパイス的入れたってところでしょうか。

何にせよ唐突なピンチでそこまでヤバくなるわけでもなく、あそこだけ変な印象が残りました。

-映画, 洋画