つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 海外ドラマ

【海外ドラマ】FRINGE フリンジ シーズン4/世界を救うためにピーターが消えた?! またも衝撃的な展開から始まるシーズン4

2016/10/24

フリンジをシーズンごとに語るシリーズ4回目。シーズン4です。

シリーズ物なので、他のシーズンのネタバレも含まれますのでご注意下さい。

前作のラストでピーターが消えてしまいました……。またもハラハラしながらのシーズンスタートです。むこうの世界のフリンジチームと協力しあうことになり、その展開も熱い!
次のシーズンでフィナーレなので、それに向けてクライマックス感があります。

シリーズ全体の紹介記事はこちら。こちらはネタバレには配慮しています。

他シーズンごとの記事は最後にまとめていますのでご参照下さい。

※ネタバレ注意!

シーズン4のざっくりしたあらすじ

両方の世界を救うために、ピーターがアクロバットなことをしたために、彼自身の存在が消えてしまいます。
どちらでもピーターは幼い頃に死んだことになってしまっていて、彼の存在がなかった事となり、事件や人間関係などにも変化が生じています。

ウォルターはラボにヒキコモリ。対人恐怖症気味で不安定です。
ラボに住んでいる彼は、テレビやモニターに映り込む知らない男を目撃します。ウォルターに何かを訴えかける男(ピーター)に怯え、さらに精神が不安定になるウォルター。

一方、フリンジチームにはかつて一緒に自殺事件を捜査したリンカーンがやってきます。彼は新型のシェイプシプターに相棒を殺され、その真相を解明するためにフリンジチームに強引に加わります。以前会っているのですが、その事件そのものがなかった事になっているのです。

ピーターは時間の狭間に閉じ込められていましたが、あるきっかけでこの世界へ復活を遂げます。しかし、周囲の人々はピーターを知りません。彼を目にしても怯えるばかりのウォルター。

自分は別の時間軸へと移動してしまったのだと判断したピーターはなんとかもとの世界へと戻る方法を探します。

もうひとつの世界とは協力関係に落ち着き、お互い疑惑を持ちながらも捜査協力し合います。しかしそんな中新型のシェイプシプターがあらわれ、ウォルターネイトへの疑惑は払拭できません。

人間関係に大幅な変化が生じる

オリビアは妹と共に幼い頃にニーナに引き取られて育てられており、母娘のような関係性が出来上がっています。これは結構ビックリ展開。でもこの設定変更のおかげで、ニーナの好感度が爆上がり。母のような目でオリビアを見る彼女はよき理解者です。

時間軸リセットがかかっているため、シーズン3までで死亡していたはずの人物が復活しまくっていて「わたしの感動を返して」という気分に。
ええ、むこうの世界のブロイルズです。なんのフォローもなくフツーに復活していました。さらに敵のスパイっていうのが酷いよー……。

どうせならこちらの世界でチャーリー復活させて欲しかった!

世界から孤立したピーター

時間の狭間に閉じ込められていたピーターが脱出しますが、本来いないはずの存在で完全に宙ぶらりん。すべての人間関係から隔絶された状態というのは、普通の人には耐えられないでしょうが、さすがピーター、がんばって帰ろうと色々模索しています。

ところが、監視人・セプテンバーからピーターは別の時間軸にいるわけではないことを教えられます。
オリビアは記憶を取り戻し、ウォルターも最終的に納得しており、ハーバードでの生活は元に戻ったように思えます。しかし、ピーターのそれ以外のプライベートの人間関係は消えたまま。普通だったら、自分の痕跡がないことを気に病んでしまいそうですが、ピーターはそこまで気にしていないようです。

それもそのはずで、彼の大事な人たちは残らずここにいるのです。ハーバードにきて数年、彼の中で大きな変化があったのでしょう。シーズン1でオリビアに「俺はひとつのところに長くいたことがない」と訴え、ウォルターの世話から解放してくれと話していました。

彼の友人知人も、彼に対し含みのある対応をします。ピーターが彼らに何をしたのかは想像するしかありませんが、信頼関係のある友人関係ではないのは確かです。

その頃を思うと、本当に変わりましたよね。

ウォルターに対しても、家族としての愛情が深まっているのがよく分かります。

人間関係がややこしく……

むこうのオリビアとの三角関係が消えたかと思ったら、今度はオリビアに恋するリンカーンとの三角関係が勃発。2人ともモテモテだな……。

序盤、ピーターがいないのでオリビアとリンカーンが交流を深めて行き、なんかいい感じになりつつあって「シーズン3の二の舞かよ!」と心配になりました。ピーターとオリビアにはうまくいってほしかったので、ちらりと「2人の恋愛をなかった事にしたいのか……?」とも思えてますますハラハラ。

オリビアが記憶を取り戻し始めてからは、リンカーンの当て馬感がすごくて、めっちゃかわいそうなのです。むこうの世界のリンカーンには可哀想ですが、あっちで生きる場所を見つけたみたいで、複雑ながら良かったねといってあげたい。

むこうの世界とのわだかまりが解ける

ピーターの奔走のおかげで、ウォルターネイトの想いや考えもわかります。合同捜査のおかげで関係性が徐々に改善されて行くフリンジチームたち。

お互いに敵だと思い込んでいた頃から考えるとすごい進歩です。

しかし、分かり合えたのもつかの間、デビッド・ロバート・ジョーンズの暗躍を止めるために繋がった世界を切り離すことに。

正直多少マンネリ化してももう少し繋がったままの世界で何シーズンか見たかったですね。本当に残念……。むこうのウォルターとこっちのウォルターが協力し合うとかも見たかったよー!

リンカーンとあっちのオリビアがどう関係が進行するのかとか気になるじゃないか……。

まぁ打ち切り寸前だったらしいので、色々と大人の事情とかもストーリー展開の早さに関係するのかなーって。うーん……もっとじっくり色々楽しみたかったぞ。

ラスボスがウィリアム・ベルだとー!!

そして黒幕がまさかのウィリアム・ベル。
人間関係の変化により、人物の行動にも変化が現れるということでしょうか。自分を犠牲にしてみんなを救うベルとはギャップのある人物像にビックリします。

しかし、彼が黒幕なら、むこうの世界のニーナが心酔してるのも、ジョーンズが従うのも納得です。

ピーターの存在がウィリアムにそこまで人格的な影響をあたえるものかな、と疑問がわきます。でも考えてみれば、ピーターを完全に失ったウォルターという存在が、ウィリアムに影響を与えたとすれば分かります。

シーズン3までは良い人だったのにまさかの展開で本当に残念です……。意外だったけどー。

ファイナルシーズンへと繋がる未来世界

このシーズンでもちょくちょく未来の描写が入るんですが、なんと監視人に支配されていて驚愕。今から20年以上先の未来で、ピーターたちはアンバーに閉じ込められています(だから歳とってない)。これがシーズン5への布石になっています。

関連記事リンク

 

-映画, 海外ドラマ