つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

【映画】ボルケーノ/ロサンゼルスの地下からマグマが噴出! 流れ出した溶岩を止めるすべはあるのか?

地震によりロサンゼルスの地下のマグマが吹出してくるという荒唐無稽な映画。
実際に起こりうるかどうかという科学的なお話はよく分かりませんが、そういうことを言うだけヤボなぐらいに面白いです。

ボルケーノ

1997年 アメリカ
監督:ミック・ジャクソン
出演:トミー・リー・ジョーンズ、アン・ヘッシュ、ドン・チードル

※ネタバレ注意

あらすじ

ロサンゼルスで立て続けに地震が起こり、地下水道で仕事をしていた作業員数名が吹出してきた蒸気に焼かれて亡くなります。
調査のために現場に向かった危機管理局のマイクは、調査中作業員を襲ったと思われる強烈な蒸気を確認します。地質学の専門家のエイミーはマイクに地震の影響で断層から溶岩が噴き出す可能性について話しますが、突飛な仮説に彼は否定的な対応をします。
その日の夜さらに大きな地震が発生、マイクは娘のケリーを連れてオフィスへと向かいます。しかしその道中、地下から蒸気が吹出しマンホールの蓋を吹き飛ばすのに遭遇。近くにあったタール池からは煙とともに巨大な火の玉が飛んできます。周囲には火の手が上がり、出動した消防車だけでは対応しきれなくなっていきます。

しかし被害はこれだけで済むはずがなく……。

トミー・リー・ジョーンズ演じる局長、頭切れすぎ

頼れるリーダーとはこういうものだ、というのが前面に出ている局長のマイクがカッコいいですね。現場を走り回って的確な指示を出していく姿は、とても安心感があります。

本部にいる部下のリースに出す指示の早さと的確さは、経験と知識だけによるものではありません。それらをひっくるめた決断力と現場での観察眼、様々な要素を組み合わせて最善を探しだしているのです。
頭のいい人というのはこういうものなのですね。

本部長の電話の滑稽さに苦笑い

1度も出て来ないのに、電話だけで分かる無能っぷりに苦笑です。
現場の全員が「どうでもいい……」と思っているのは確実な連絡の数々。でも実際こういう人本当にいるんですよねー。残念ながら。

今お前の状況はどうでもいい、となっているのに「こっちも大変で……」といらない連絡をよこすんですよ。その電話でこっちの手が止まるからね!というのが伝わらないんですよねー。
おっと、思わず愚痴が出てきたぞ。

群像劇的側面もある

マイクの活躍に目を奪われがちですが、脇役のひとたちもそれぞれに奔走しドラマがあります。

とくに印象的なのは、地下鉄の運行でマイクと揉めていたスタン。
地下の蒸気は地下鉄には影響がないと、頑なに運行停止を拒否していた彼ですが、地震で地下鉄が立ち往生した時には自ら現場へと向かっています。そこで被害を目の当たりにし、乗客の救出のために自らを犠牲にしてしまいます。
担いでいる運転手を見捨てれば、自分は助かったかもしれない状況。部下は「そいつはもう諦めろ!」と叫んでいます。自分を鑑みずに相手を助ける方を選択する彼のすごさは、その後の彼の死に至る描写で強烈な印象を残します。

他にも、マイクの娘を預かる女医さんや警官たちなど、主人公たちだけではないドラマを観ることができます。

ピンチに子供を使うのはやめよう

総合して面白かったこの映画ですが、ラストだけがどうしてもいただけません。

ビルを爆破してダムにする案を実行するなか、マイクの娘のケリーが面倒観ていた少年がいなくなってしまいます。少年を捜してさまようケリーが彼を見つけたのは、まさに爆破の現場。それを目にしたマイクは危険も鑑みずに娘の元へと走ります。

わかります。最後の最後にハラハラするピンチを! というのはわかります。
しかしそれにしてもちょっと安易すぎるし、子供がひとりであんな場所まで来るっていうのがそもそも……ちょっと納得がいきません。

ロサンゼルスに溶岩があふれ〜という設定がすでに荒唐無稽ですが、人間ドラマはしっかり描かれてきました。綺麗ごとで終わらせずに、犠牲になる人々の描写もあります。
それなのに最後の最後で、お子様を使った感動っていうのがちょっと違うんじゃないかと。

状況を悪化させる要因に子供を使うっていうのはわたしの中の禁じ手かもしれない……。

出演俳優余談

ラストシーンで、助かった子供を抱き上げて「ママは〜」と話しかける警察官役の俳優さん、なんと「遊星からの物体X」のチャイルズ役の方でした! キース・デイヴィッドさんです。どっかで見た事あるとは思ってましたが、まさかそことは! 全然老けてませんね。

地下鉄で乗客を助けようとして亡くなるスタンは先日「ゴシカ」で保安官を演じたジョン・キャロル・リンチ。

こういう脇役の人で「あー見た事あるけど……誰だっけ」が洋画では起こりやすくて、とても気になります。昔は調べる方法もありませんでしたが、今はネットがあるからサクサク調べられていいですね。

-映画, 洋画
-,