つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師/ジョニー・デップが歌って踊る! 人気ミュージカルをティム・バートンが映画化。

有名なミュージカルをティム・バートン監督が映画化した作品。
予備知識なく観たので、初めて観たときはまずミュージカルだったことに驚いきました。なのでDVDでも吹替えなしの字幕オンリーな映画です。こういう時は英語がわかるといいのに……とは思いますね。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

2007年 アメリカ
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム・カーター、アラン・リックマン

※ネタバレ注意

あらすじ

無実の罪で捕らえられ、家族を奪われた理髪師のベンジャミン・バーカー。15年後脱獄した彼は船員に助けられロンドンヘ戻ってきました。彼は妻であるルーシーに心を奪われたターピン判事によって、陥れられたのです。

スウィーニー・トッドと名を変え、家族と暮らしていた家を訪れた彼は、家主のラベットからその後家族がたどった末路を聞かされます。妻は判事から受けた辱めを苦に毒を飲み、娘のジョアンナは判事の養女となり彼に育てられているというのです。復讐を誓ったトッドは、自分を陥れた判事を営む理髪店へとおびき寄せることにするのですが……。

血みどろのミュージカル映画

テーマがテーマなので、凄まじい流血です。

復讐に燃える理髪師が自分の職業を利用して人を招き入れ、殺戮を重ねる話です。凶器は自慢のカミソリ。一瞬で首を切り裂くその手際の良さとプシューっと吹出す血のシャワーが見所です。ホラー慣れしていないとキツいかもですね。

その殺戮っぷりにごまかされますが、問題はミートパイの方です。
トッドをかくまう寂れたパイ屋の女主人は、彼が殺したピレリをパイにして売ることを提案するのです。それは他のパイ屋が猫を殺してパイに使っているという噂があることから、思いついたことでした。

それをきっかけに、招き入れた客を手にかけ、彼らを材料にしてパイがどんどん作られます。閑古鳥だった店は大繁盛で、連日超満員です。

最初の殺人は脅迫されての不可抗力だし、さらに企てている復讐も、彼の身に起きたことを考えればまだ理解できます。しかしパイのためにお客を肉扱いしているあたりは相当おかしいので、生理的に受け付けられない人も出るんじゃないのかな。

日本ではR15指定になっています。殺戮云々もですが、カニバリズム的な部分が引っかかったのかもしれませんね。

ラベットの夢のシーンが気味悪い

ラベットはトッドのことが昔から好きだったので、今回はチャンスとばかりに彼にアプローチします。復讐以外にあまり興味のないトッドはラベットのあからさまな好意も分かっているのかいないのか放置気味。

彼女が歌う将来の夢のくだりは、本編と打って変わった明るい色使いに笑えてしまいます。しかし彼女の語る願望は人肉パイの上に成り立っています。

自分たちの犯罪に関してまったく罪悪感を持っておらず、普通の生活を当たり前のように夢見ることができる神経が薄ら寒く感じました。コメディタッチだからこそ、無駄に明るくコミカルでそれが妙に浮いているのも計算のように感じます。

人を殺して死体を捨てて普通に生きられるひとってこういう精神構造なのかもな、と思ったりして。

不幸な女かもしれませんが、それを差し引いても「ないわー」と思ったのでした。

出てくる全員が身勝手

主人公のトッドは自分の復讐だけを考えています。
ラベットはトッドと暮らす人生を夢見ています。
判事は養女の不幸にまったく気付かず、自分が受け入れられて当然と思っています。
バムフォードは判事に尽くせば自分は安泰だと思っています。
トビーはトッドが悪者でラベットは優しいと思い込んでいます。

全員が自分の考えだけに固執しているのです。ジョアンナの不幸を思えば、彼女だけが例外とも思えます。彼女をさらうアンソニーだって、自分の考えで突っ走っており、トッドと判事が一緒のところにジョアンナを攫うと宣言して飛び込んできたりして、なんだかどいつもこいつも大丈夫かと思えます。

ミュージカルだから極端なキャラクター設定なんでしょうか。
悪役である判事とバムフォードですが、トッドとラベットだって町の人間からすれば悪です。
トビーは子供ではありますが、ラベットは優しいから、というそれだけの理由でトッドだけが悪いと思い込んでいます。
トビーが彼を警戒するのはそれだけではなく、もしかすると彼がラベットにはまったくと言っていいほど興味がないのも気付いていたのかもしれません。

タービン判事の歪んだ欲望がおぞましい

どいつもこいつもなんだこりゃ、なキャラクター設定なんですが、最高に気持ち悪いのはやっぱりタービン判事。

ルーシーに横恋慕して、トッドをはめたのまではまだ理解できますが、娘を養女にして、さらに彼女と結婚しようとするとか、マジでキモチワルイ。

いい歳したオッサンが、自分の勘違いっぷりにも気付かず、ジョアンナの暗い表情をまったく理解していません。
閉じ込めている部屋には専用の覗き穴まで完備っていう徹底っぷり。

せめて体裁だけでも父と子としての愛情を持った関係が築くことができていれば、まだよかったのですが、あんな欲望ギラギラな目で見られてたらそりゃジョアンナも気付きますよね……。

血みどろのこの映画ですが、一番おぞましいのはタービン判事の思考です。

ほどんど誰も幸せにならない結末

復讐を果たしたものの、妻を自分の手で殺してしまったトッド。その前には部屋に隠れていたジョアンナを娘だと気付かず殺しかけているのです。
赤ん坊だった娘に気付くこともできず、変わり果てた姿の妻の顔も分からなくなってしまった彼には最大の罰とも言えます。娘に関してはちょっとでも接触しようという行動すらとっていません。

アンソニーとジョアンナを助けるような行動もしていないんですよね。どちらかというと判事をおびき寄せるための餌に使っているし。判事を殺せば解決ってことなんでしょうか。

最後はラベットを殺したのを目撃し、パイ屋の秘密も知ったトビーの手に寄って幕を閉じることになります。トビーは最後までラベットを信じていたように思います。トッドを疑うトビーを彼女が始末するために閉じ込めたのですが、それでも優しかったラベットの方を信じていたのでしょう。
実際ラベットもトビーに関しては愛情を持っていたようですが、結局彼女はトビーよりもトッドを選んだのです。

主要メンバーのほとんどが死亡しており、アンソニーとジョアンナに関してはその後が描かれません。多分2人でそのまま駆け落ちしたのでしょう。判事は死亡しているので、追っ手の心配もありません。

唯一希望のある2人に関してはその後の描写がないって言うのが、徹底していますよね。

-映画, 洋画
-