つぶらいん

本や映画のレビューを中心にしつつ、ぼっち&出不精生活を満喫する管理人の日常のブログです

映画 洋画

おすすめモンスター&アニマルパニック映画/ヘビ、サメ、熊からよく分からないものまで、実在・非実在関わらず面白いものをご紹介。

2017/01/31

ホラー映画も好きですが、また違う魅力を持つのがパニック系モンスター映画です。ホラー系モンスター映画とは違い、起こる惨劇の割に明るいのが特徴です。

非現実的な作品からリアルな作品まで、あげてみました。こういう映画のホラーとアクションに分類される物の違いっは一体なんだろうかと考えてみましたが、感覚としか言いようがなくて自分でも困りました。ギリギリの境界線にあるのは「ピラニア」でしょうか。

「スネーク・フライト」は大量に人が死にますが恐怖感は特になく、ヘビが嫌いじゃないのならハラハラドキドキする映画です。同じ監督さんの「シャーク・ナイト」はあれもアニマルパニック系ではあるんですが、人間の意図が絡んでくるからホラー枠、という感じで……。

レンタル店のジャンルわけだと、アクション、SF、ホラーに分散していますね。パニック系でもキャッチーなものはアクションに入る、ぐらいしか思いつきませんでした。

ということでおすすめしてまいります。個別記事がある映画はリンクも付けています。

クローバー・フィールド

アレの姿が見えた瞬間に「絶対面白い!」と思うか「外れだ」と思うかは完全に好みだと思います。わたしは前者でした。
ある犠牲者たちの視点で映し出される映像はリアルで生々しいものです。
撮影者がうるさいのはPOVではおなじみです。話が転がり始めればそのうち慣れるので大丈夫です。

アナコンダ

巨大蛇映画の傑作であり定番。
少々古さはある物の、迫力の蛇映画です。主役はアナコンダですが、蛇ハンターの悪役がまたいい嫌らしさで最高なんです。敵は蛇だけじゃないって言う緊張感がいいですね。
続編もありますが、これに比べるとどうしても小粒。

記事はこちら

ピラニア

アレクサンドル・アジャ監督がリメイクした作品。
ピラニアというよりも凶暴な古代魚が復活し、人々を襲う話です。ビーチに突入しイベント中の水着ギャルを襲いまくります。

個人的ポイントは「スケスケ水着コンテスト」の司会をしている「ホステル」のイーライ・ロス監督。楽しそうでした。死にっぷりもすごかった……。

記事はこちら

ジョーズ

言わずと知れた超名作。
イロモノ系サメ映画を観る前に、まずこれはおさえておかないといけません。正当派なサメの恐怖を描いた作品です。続編はお好みで、というところ。
スタンダードかつシンプルな物をまず味わいましょう。

ディープ・ブルー

サメ映画の傑作。
普通のサメじゃあ物足りない、という現代のためにあれこれ細工した巨大かつ知能が高いサメが研究所に残った人間を襲いまくります。主人公の博士がなにげに性格が悪いという珍しい映画。その分サメ使いのカーターと料理人のプリーチャーが大活躍で、バランスの取れた作品です。

サミュエル・L・ジャクソンの贅沢な使い方が印象的。

記事はこちら

ブラックフット

モンスターパニックと言うとちょっと違う本作。かといってホラーとも違うし……ということでここが一番しっくり来る感じ。

キャンプに来たカップルが熊に襲われる話で、他の映画と違い犠牲者数も少ないです。しかし生々しくリアルな森の熊さんのお食事風景が強烈な印象を残します。熊系の映画で堅実なパニックものはあまりみかけないので希少ですね。

記事はこちら

スネーク・フライト

飛行機に大量の蛇が投入され乗客大パニック、という映画。
色々力技ですが、主演はサミュエル・L・ジャクソンなので大丈夫です。馬鹿馬鹿しいけどメチャクチャ面白いのでとてもオススメ。
蛇のせいで飛行機トラブル起きまくるんで、アニマルパニックに加えて航空パニックもあるので盛りだくさんです。清々しくバカな映画ですが、いい感じのクオリティがある仕上がりになっています。

記事はこちら

トロール・ハンター

世界唯一のトロールハンターに密着取材!
トロールって何ぞや、と思うでしょうがこのジャケレベルのサイズの生き物が襲ってくるんです。そりゃ面白いですよ。POVのお約束の大学生たちのうるささが気になりはしますが、それを差し引いても面白いです。

観終わる頃にはトロールの生態に詳しくなっていること間違いなし。無闇に襲いかかってくるのではないところがポイントです。

記事はこちら

ジュラシック・ワールド

ジュラシック・パークもいいんですが、やはり恐竜大バトルが楽しいこちらを押します。
荒唐無稽でありながらも、きっちり作られたパニック系映画は説得力が違う。シリーズ3作品で厄介な敵だったヴェロキラプトルの扱いの変化が面白いです。
恐竜を前にしたら人間なんてほんとちっちゃい存在に成り果てるのだというのがよく分かりますね。

記事はこちら

トレマーズ

砂漠地帯の小さな町になぞの巨大ミミズ系の生き物が出現!
襲われたりしつつ、みんなで協力して闘うという、オーソドックスな展開。若き日のケビン・ベーコンが出演しています。
グロテスクなのに怖いとは微塵も思えなに不思議な映画。日曜洋画劇場でよくやってましたよね。

ザ・グリード

こちらも日曜洋画劇場でよく観た映画です。数年前からもう一度観たいと思っていて、レンタル店を探しているんですがどこにもない! Amazonでも売ってない!(出品者からで値段が上がってます)

豪華客船の中に謎の海洋生物が出現し、乗客全員を食い尽くしているというショッキングな展開。なんだけどどこかお気楽に観れるのがこの手の映画です。テレビでやってたらうっかり見ちゃうやつですね。ビデオ時代に録画したのを何回も観たんですけどね……。ほんとDVD再版して欲しいです。

随時追加で更新します

ということで、新旧織り交ぜて紹介してみました。「ディセント」などのガチホラーなものは除いています。

リアル系もいいですが、フィクション色の強い物もまた面白い。
サメ、ヘビなんかはすっかり巨大生物物の定番ですが、こうして上げてみるとなかなかバラエティに富んでいますね。しかし並べてみてワニがないことに気がつきました。ちょっとワニ系のいいのがないか探してみます。

ホラーも玉石混淆ですが、このジャンルもなかなかC級を掴まされることが多いので苦戦しますね。オススメを書こうとすると大分メジャーな物が並びます。なんだかんだでいい物は話題になりますからね。

-映画, 洋画
-