「小説」 一覧

小説

【小説】MAZE/行方不明者続出の遺跡。人間消失の謎は解けるのか?

2016/07/07  

辺境の地にある不可思議な建物の謎を解くために安楽椅子探偵として呼ばれる、というかなり興味をそそるお話です。 冒頭で語られる建物内での人間消失の話なんかは、世界の不思議な話が好きな人にはゾクゾクするはず ...

小説

【小説】舟を編む/辞書編集に人生をかける人々の熱さに憧れる

2016/06/29  

基本が人が死ぬ小説ばかり読んでいるので、物騒なことが起こらないのに不思議な感慨を抱きつつ読むことになりました。 本屋大賞は知っていましたし、受賞作品の確実さを考えるともっと早く読むべきだった……という ...

小説

【小説】八月の降霊会/突然降霊会へ招待された人々に隠された過去とは……?

2016/06/27  

若竹七海というと本格ミステリーの書き手というイメージが強いですが、ホラー小説やパニック小説なども手掛ける幅広い作家です。 この話の難しさは、とにかく物語が進んでいくにつれて、これがミステリーなのかオカ ...

小説

【小説】深泥丘奇談・続/綾辻行人の怪談本再び。さらに幅広くお話が広がります。

2016/06/11    ,

1冊目よりもより幅広く「奇談」を集めた短編集です。 続けて読んでいるとよくわかりますが、1作目は正統派綾辻怪談という感じ。2冊目のこちらは、スタンダードな怪談話から、冗談のような話までバラエティに富ん ...

小説

【小説】「蝿の女」牧野修/カルト教団に狙われた主人公たちが助けを求めたのは悪魔?!

2016/06/02    

あらすじ ネット上で知り合った「オカルト部」のメンバー。 ある廃墟の探索を楽しむはずが、そこで妙な儀式のようなものを目撃してしまいます。女たちが地中から光る男を掘り起こしているのです。逃げ出したものの ...

小説

【小説】深泥丘奇談/綾辻行人が怪談を書いた。それだけでソワソワする。

2016/06/02    ,

あらすじ 主人公はミステリ作家の「私」。 ある日、体調を崩した主人公は近くにあった深泥丘病院(みどろがおかびょういん)へと足を運びます。普段の不規則な生活と持病もあり、念のため検査入院をすることになり ...

小説

【小説】怪しの晩餐/自分の名前が記載された謎の名簿。これは殺人リストなのか……?!

2016/05/21    

あらすじ 名簿を売買することを生業としている折原。 買い取った名簿の入力をしていると、そこに見覚えのないものが含まれていることに気づきます。なんの記載もないその名簿には、自分の情報が記載されており、心 ...

小説 小説以外

【本】「夢をかなえるゾウ」水野敬也/超有名ベストセラーはやっぱり面白かった

2016/05/06  

きっかけはKindleセール 昔小栗旬が主演でドラマ化(スペシャルドラマ?)されたのをちらっと見たことがありました。途中までみてたんですが、家族にチャンネル権を奪われさらっと変えられて最後まで観れなか ...

小説

【小説】「私の家では何も起こらない」恩田陸/怪談雑誌「幽」で連載されていたホラー短編集

2016/02/17    

簡単なあらすじ 丘の上に建つ洋館をテーマにした連作短編集。 私の家では何も起こらない 恩田陸 古い一軒家を改築し住む女性作家 念願の一軒家を手に入れた老姉妹 家を案内に来た不動産屋 家の主人に仕える女 ...

小説 映画 邦画

【映画】木曜組曲/作家・重松時子の死の謎と5人の女たちの関係は? 恩田陸原作小説の映画化作品。

2015/12/02  

恩田陸の小説の中でもかなり好きな作品です 木曜の午後、亡き作家の家に集まる5人の女。 数年前に自殺した作家、重松時子。 時子の死に居合わせた5人の女たち。彼女たちは皆時子の身内です。 時子と異母姉妹の ...

小説

【本】「神鳥 ーイビスー」篠田節子/美しさと怖さは紙一重。

2015/11/28    

簡単なあらすじ 花鳥画を描く画家、河野珠枝をモチーフにノンフィクションを執筆しようとする作家の美鈴慶一郎からの依頼で装画を担当することになった葉子。 どこか恐ろしさを秘めた朱鷺の絵に惹かれるものを感じ ...

小説

【小説】Another アナザー/綾辻行人にしか書けなかった、ホラーとミステリの融合

2015/11/23    

簡単なあらすじ 父の仕事のつごうで祖父母のいる夜見山市の中学校に転校してきた榊原恒一。初登校を控えた夜、持病の発作で入院をする事になってしまいました。その病院のエレベーターで恒一が通うはずだった中学校 ...

小説

【小説】姉飼/ホラー小説大賞受賞作品。あまりにも異様で強烈な世界が癖になります。

2015/09/23    

こんなにまず読んでくれ! と言うしかない作品も珍しい 主人公が暮らす田舎街では「脂祭り」という祭りが行われています。そこの縁日で売られている「姉」に主人こは子供の頃に魅入られ、それを手に入れるために道 ...

小説

【本】「クリムゾンの迷宮」貴志祐介/読み始めたら止まらない! そして何回読んでも面白い!

2015/08/10    

「悪の教典」で有名な貴志祐介さんの10年以上前の作品です。 なにげにこれが一番好きだったりします。何回読んでも面白い! ジェットコースター小説。 主人公の藤木が目を覚ますと、周囲には信じられない光景が ...

Copyright© つぶらいん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.