雑記

好きなものを否定されても気にしなくていい

投稿日:2016年6月5日 更新日:

自分が好きなものを否定されて、少なからず傷ついたことが全くない人というのはいるのだろうか。
自分が好きだったり大事にしていたりするものを否定されるのは、自分自身を否定されたように感じるといっても過言ではないと思います。

例えば、趣味を理解されず、否定され続けたり。
例えば、好きが高じて将来関連した仕事に就きたいと話したら馬鹿にされたり。
例えば、大事にしていたコレクションを勝手に処分されたり。

わたしは子どもの頃の一時期、姉妹からやたら否定された頃がありました。
欲しいものを選べば「こんなものが欲しいのか」
好みが被れば「まねするな」

そんなこんなで、わたしは一時期まで何かを選ぶのがとても苦手でした。

ただ好きな方を選べばいいのに、周りの人の目が気になって「無難」を選んでしまうのです。
本当にそれがしたかったのか、それが欲しかったのか、今考えると微妙です。

スポンサーリンク

「誰かの評価」にあわせて選んで後悔しない?

否定されることを怖がって、別に好きじゃないものを選んで、それでいいんでしょうか。
誰かの基準の無難を選ぶことはいったい誰を満たせるんでしょうか。

わたしは買い物は基本ひとりです。

なにかを選ぶ、買う、というとき、意図的に人の評価を聞けない状況を選ぶようになったのです。これに気づいたのは最近です。友人と買い物に出かける、なにかかのに選ぶのを付き合ってもらう、という女性ではよくあることが、わたしには全くと言っていいほどないのです。まぁ友達が少ないというのもあるんですけど。

あるとき、なにかの帰りに知人に誘われてショッピングモールに行きました。

その知人とは付き合い自体がかなり長くなっていたのですが、思えば買い物を一緒にしたことがなかったのです。

理由は簡単で、その知人はファッションチェックが厳しかったのです。

わたしも知人もオタクだったのですが、オタクイベントに行っても周りにいる全く知らない人々の服装、化粧、体型、髪型についていつもケチを付けていました。知り合いフィルターなのか、それがわたしに向けられたことはありませんが、周りの人たちをボロクソにいう彼女を見ていると、わたしのこともどう思っているか分かりません。

聞いていて気持ちがいいものではないし、自分自身が彼女がボロクソに言う人たちよりもどう見てもオシャレじゃなかったので、本当にキツかったです。もちろん直接そういう話はやめて欲しいと伝えました。それでも止まらなくて、その後自然と距離を置くようになりました。

その彼女と一緒に買い物に行って、そもそもとしてなにかを選ぶ気になれるはずがないんですよね。

なにかを選んで買うのってすごく楽しいはずなのに、妙にストレスを感じてしまったりして。

ああこれ欲しいな、いいな、かわいいな、どうしようかな、買っちゃえ!

こういう、自分の中のポジティブな流れが阻害されると、買い物も楽しめません。

昔姉と旅行した時、ちょっと良いなと思った鞄を横で延々と「そんなのいる?」「そんなに気に入ったの?」と言われ続け結局買わなかったことがあります。

ほんと、買えばよかったと今でも思います。何しろ旅先で後から買いに行くとかできないところだったんです。

だいたい、そうやって否定するひとに、正面から「私はいいと思うんだけど、なんでそんな風に言うの?」と聞いてもまともな返事なんて返ってきません。

きたとしても、その人の主観の価値観で判断した一方的なもの。

実際、うんざりして別行動した時はすごく買い物が捗りましたよ……。

買わない、という決断だって、自分でしたんならここまで後悔しないでしょう。
別の誰かのフィルターで選別された基準を採用すると、後悔の質だって違うんです。

そもそも、好みの問題に口を出す人のほうがどうかしてる

それこそ、子どもの頃ならいざしらず、いい歳した大人になってまで「あいつのアレはセンスが悪い」とか「あんなものすきなんてどうかしてる」とか言っちゃうほうがビミョーじゃないですか。

「これあげるよ」なんて言われてるわけじゃないのに「絶対いらない」とか言ったり。

何十万もするブランドものだって、それが欲しいと感じる人じゃなければその価値を感じないものです。

アドバイスを求めていない相手に「自分の基準で口を出す」ってどれだけ自信があるのかと思うんですが、そういうことでもないのかな、と最近気づきました。

というのも、結局無責任に見降ろせる相手ってだけなんですよね。
無意識のマウンティングというか。

ファッションチェックの知人も、関係のない赤の他人を影でごちゃごちゃ言うだけでしたし、姉妹にしても、ただただ否定されていただけの時期でした。

結果どっちともふんわり距離置く結果になりましたが、ストレス源もなし、自分のしたいことをして、選びたいものを選べてのびのびやってます。

誰かに迷惑をかけているわけでもなく、恐ろしくTPOから外れているわけでもないのなら好きにやればいいことなんですよね。理由もなく圧をかけてくる相手と望まない交友関係を維持してもしょうがないですし。

自分が好きなものは自分の一部みたいなものですから、大事にしないとね!

 

-雑記
-

Copyright© つぶらいん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.