「小説」 一覧

小説

【小説】MAZE/行方不明者続出の遺跡。人間消失の謎は解けるのか?

2016/7/7  

辺境の地にある不可思議な建物の謎を解くために安楽椅子探偵として呼ばれる、というかなり興味をそそるお話です。 冒頭で語られる建物内での人間消失の話なんかは、世界の不思議な話が好きな人にはゾクゾクするはず ...

小説

【小説】舟を編む/辞書編集に人生をかける人々の熱さに憧れる

2016/6/29  

基本が人が死ぬ小説ばかり読んでいるので、物騒なことが起こらないのに不思議な感慨を抱きつつ読むことになりました。 本屋大賞は知っていましたし、受賞作品の確実さを考えるともっと早く読むべきだった……という ...

小説

【小説】八月の降霊会/突然降霊会へ招待された人々に隠された過去とは……?

2016/6/27  

若竹七海というと本格ミステリーの書き手というイメージが強いですが、ホラー小説やパニック小説なども手掛ける幅広い作家です。 この話の難しさは、とにかく物語が進んでいくにつれて、これがミステリーなのかオカ ...

小説

【小説】深泥丘奇談・続/綾辻行人の怪談本再び。さらに幅広くお話が広がります。

2016/6/11    ,

1冊目よりもより幅広く「奇談」を集めた短編集です。 続けて読んでいるとよくわかりますが、1作目は正統派綾辻怪談という感じ。2冊目のこちらは、スタンダードな怪談話から、冗談のような話までバラエティに富ん ...

小説

【小説】「蝿の女」牧野修/カルト教団に狙われた主人公たちが助けを求めたのは悪魔?!

2016/6/2    

単なるオカルト愛好家だった主人公が、ちょっとしたことで正体不明の者たちから命を狙われるようになるお話。 そんな主人公を助けてくれるのがタイトルにある「蠅の女」。 作者の牧野修らしさが詰まった作品です。 ...

小説

【小説】深泥丘奇談/綾辻行人が怪談を書いた。それだけでソワソワする。

2016/6/2    ,

主人公の「私」を軸に語られる綾辻行人流怪談話です。 著者ご本人もあとがきで書かれていますが、怪談と言ってもスタンダードなものとは違い、綾辻色がかなり強いです。ファンは大喜びですね。わたしも大喜びです。 ...

小説

【小説】怪しの晩餐/自分の名前が記載された謎の名簿。これは殺人リストなのか……?!

2016/5/21    

以前「記憶の食卓」として出版された小説です。 昔図書館で読んだ作品で再読したくなって探したのですが見つからず、文庫化されていない!と絶望していました。 そしたらまさかの改題。盲点です。 殺人事件と名簿 ...

小説 小説以外

【本】「夢をかなえるゾウ」水野敬也/超有名ベストセラーはやっぱり面白かった

2016/5/6  

昔小栗旬が主演でドラマ化(スペシャルドラマ?)されたのをちらっと見たことがありました。途中までみてたんですが、家族にチャンネル権を奪われさらっと変えられて最後まで観れなかった思い出。 数ヶ月前にKin ...

小説

【小説】「私の家では何も起こらない」恩田陸/怪談雑誌「幽」で連載されていたホラー短編集

2016/2/17    

丘の上に建つ洋館をテーマにした連作短編集。 古い一軒家を改築し住む女性作家 念願の一軒家を手に入れた老姉妹 家を案内に来た不動産屋 家の主人に仕える女と攫われた子ども 家を修理する大工たち などなど、 ...

小説 映画 邦画

【映画】木曜組曲/作家・重松時子の死の謎と5人の女たちの関係は? 恩田陸原作小説の映画化作品。

2015/12/2  

恩田陸の小説の中でもかなり好きな作品です。 この作品はキャストのぴったり具合に震えがきます。 とにかく原作と合いすぎる女優陣に驚き。こんなにイメージに合う映画化ってあるんですね。 観た印象は「舞台っぽ ...

小説

【本】「神鳥 ーイビスー」篠田節子/美しさと怖さは紙一重。

2015/11/28    

篠田節子さんは幅の広い作家さんで、ジャンル不問でいろんなものを書かれます。 「ハルモニア」のイメージが強かったので、ホラー的なものを書かれていることが意外でしたが、調べてみると以外とこのジャンルも多い ...

小説

【小説】Another アナザー/綾辻行人にしか書けなかった、ホラーとミステリの融合

2015/11/23    

すっごいですよー。メッチャクチャ面白いです! わたしが書くあらすじなんてカスです。 あらすじなんぞにこの作品の良さは集約されない! 未読ならネタバレ踏まずにとっとと本編を読みましょう。 すごいよこれ。 ...

小説

【小説】姉飼/ホラー小説大賞受賞作品。あまりにも異様で強烈な世界が癖になります。

2015/9/23    

こんなにまず読んでくれ! と言うしかない作品も珍しい。 第10回日本ホラー小説大賞受賞作品です。 なんとも説明し難い作品で、あらすじの説明すら意味がないような気がします。 この作品の魅力はストーリーと ...

小説

【本】「クリムゾンの迷宮」貴志祐介/読み始めたら止まらない! そして何回読んでも面白い!

2015/8/10    

「悪の教典」で有名な貴志祐介さんの10年以上前の作品です。 なにげにこれが一番好きだったりします。何回読んでも面白い! ジェットコースター小説。 貴志祐介さんというと、ホラー系という共通点はありつつも ...

Copyright© つぶらいん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.